2010年08月30日

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2010

SBSH0377.JPG
■泊った宿から早朝の富士の眺め。


28日、29日と富士五湖の一つ山中湖へ行っていました。
目的は、野外ロックフェスティバルです。
野外ロックフェスのいいところは、自分のペースで音楽が聴けるところ。
好きな人は、最前列まで出ていって、思いきり暴れることもできるし、私のようにマイペース人間は、ビールを飲みながら寝転がって音楽を聴くこともできる・・・。
まぁ、それぞれの楽しみ方ができるわけです。

今回も、ビールを飲んでは寝るということを繰り返した私です・・・(>_<)


山中湖周辺は、標高1000m程ということだそうで、夜はかなり涼しくなったのですが、まだまだ昼は暑い・・・。
しかも、この2日間は、雨も降らず日差しもきつかったのでアルコールを飲んでも、あっという間に汗で流れてしまい、また、ビールを飲むという状態でした。
(水分補給にアルコールは適さないんですが(-_-;))

富士山もとてもきれいに見えました。
登山客もこの2日間は多かったんではないでしょうか。


SBSH0342.JPG
■山中湖です。富士山は雲に隠れてしまっています。

SBSH0347.JPG
■会場。大きな会場二つ。小さな会場二つで行われてました。

SBSH0369.JPG
■夕焼けと釣り人。昔の金曜洋画劇場の始まりのシーンみたい。

SBSH0373.JPG
■携帯の別の機能で撮ってみた夕焼けです。我ながら奇麗に撮れました。

SBSH0418.JPG

しかし、富士山は見てて飽きないですね。
最近は、登山客が多くていろいろ問題もあるみたいですが、この素晴らしい富士山を奇麗なままで残していきたいものです。

帰りのバスは渋滞に巻き込まれ、非常に疲れてしまいましたが、とても楽しかったです。
さて、8月ももう終わり。
9月に入れば暦の上からはもう秋です。










posted by がね〜しゃ at 10:30| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

コクテール堂

SBSH0311.JPG
私の住んでいる国分寺市の中心地、JR国分寺駅には「0101」と書いて「マルイ」という百貨店があります。
その8階にあるカフェ「コクテール堂」に初めて行きました。
数年暮らしているのに初めて。
国分寺の南口を一望できると聞いて一度行ってみたいなぁと思っていました。

店内は、とっても奇麗で、女性のお客さんが多いのかと思っていましたが、男同士で来ているお客さんも多く、一人でゆっくり本を読んでいる人もいれば、子ども連れのお母さん達が会話を楽しんだり、老夫婦がゆっくりと珈琲を飲んだりと、それはそれはいい雰囲気でした。

国分寺の南口はさてさてどうなっているか・・・と思ったのですが、駅すぐ前には大きなビルが建っていたりするので、そんなにすご〜い眺めではなかったのですが、それでも高い所から眺めるのが好きな私には十分楽しめました。(なんとかと煙は高い所が好き・・・っていいますし。(>_<))


SBSH0310.JPG
■南口すぐの交差点。前の茶色のビル右の道を行くと、武蔵国分寺公園に行きます。


SBSH0314.JPG
■南東方面です。ほんと東京って家が密集しているのを実感します。


SBSH0320.JPG
■すぐ手前の緑は殿ヶ谷戸庭園。国分寺が丘陵地帯だということ、そして過去森林だったことを教えてくれます。

SBSH0315.JPG
■珈琲もまぁまぁおいしかったです。


武蔵野台地周辺をぼんやり眺めながら過ごしてみました。



posted by がね〜しゃ at 23:44| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

甲州街道【飛田給→府中・大国魂神社@】

甲州街道2 (69).JPG

飛田給駅前でお昼ご飯を食べて、少し涼んでいざ出発。
東府中まで、京王線と現在の甲州街道に挟まれた道を歩きます。

飛田給駅すぐのところに、「飛田給薬師堂」という小さなお堂があり、すぐそばには「行人塚」がありました。
行人塚とは、「行者が生きたまま埋葬され、即身成仏したと伝えられる塚」だそうで、東日本に多いとのこと。


甲州街道2 (67).JPG

昔、子どもの頃見た「湯殿山麓呪い村」という映画が、いやいや生きたまま埋められるという場面があり、夢に見たいやな思い出があります。

この行人塚は、伊達藩士で医師だった「意仙」という人のものだそうです。
彼は薬師如来を礼拝していたそうで、その石仏もここに残っているとのこと。
遠く仙台の地から、この土地に移り、一つの功徳を残していったのですね。




甲州街道2 (71).JPG
しばらく歩くと、府中の看板が・・・。布田五宿を出て次の宿場町府中宿へと歩きます。


甲州街道2 (75).JPG
■素朴な道が続きます。この辺りは蔵を持つ家や、土壁の建物があったりと、昔の雰囲気を少し残していたりします。懐かしい感じ。

甲州街道2 (76).JPG
■お盆前でしたので。



車返団地入口という交差点に来ると、左手に「金剛寺観音院」「神明社」「常夜灯」があります。
常夜灯とは一晩中明りをつけておき、街道の道しるべになるものだそうです。
すぐそばには「下染屋(しもそめや)」の由来が書かれた碑がありました。

現在は白糸台と呼ばれているこの地はかつて「下染屋」という集落だったそうです。税金(租庸「調」)を布で納めていたことから調布とついたといわれているそうですので、この付近一帯で染物がさかんになっていたということでしょうか。


甲州街道2 (82).JPG


甲州街道2 (81).JPG

甲州街道2 (83).JPG


甲州街道2 (85).JPG
■車返団地入口交差点




飛田給→東府中.jpg

posted by がね〜しゃ at 21:31| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

甲州街道【西調布→飛田給】

甲州街道2 (49).JPG

西調布からまた旧甲州街道の比較的歩道が整備された道を歩きます。
甲州街道は、内藤新宿→高井戸宿→布田五宿と続き、調布一帯は布田五宿の中の、国領、下布田、上布田、下石原、上石原と分かれ、それぞれが交代で宿の役割を行っていたそうです。

西調布周辺は、上石原町となっているので、布田五宿の最後になります。


甲州街道2 (50).JPG
■歩いてすぐの所に西光寺というお寺があり、ひときわ目立つ近藤勇の像があります。近藤勇は上石原村出身。


甲州街道2 (51).JPG
■西光寺

甲州街道2 (52).JPG


甲州街道2 (54).JPG
■中央自動車道と交差します。


甲州街道2 (58).JPG
■飛田給駅近くになり、道路が一段と奇麗に。見ると大きなスタジアムが・・・。「味の素スタジアム」は、FC東京のホームスタジアムです。


甲州街道2 (60).JPG
■写真左側に行くと京王線「飛田給」駅。


甲州街道2 (63).JPG


甲州街道2 (65).JPG
■飛田給駅です。めちゃくちゃきれいでびっくりしました。西調布とは大違い・・・。


飛田給駅前でお昼休憩です。
西調布から飛田給まではさほど距離はありませんでした。

ここから、府中へと向かいます。


posted by がね〜しゃ at 09:39| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

甲州街道【調布→西調布】

甲州街道2 (4).JPG
■京王線調布駅前 アフラックの大きなビルが建っています。


ひと足早い夏休みを利用して、甲州街道の調布→府中までを歩きました。
昨年新宿から調布まで、甲州街道を歩いていましたが、その続きです。

調布は今や、ゲゲゲの女房で有名な街。
いたるところに鬼太郎が活躍しておりました。

甲州街道2 (8).JPG

甲州街道2 (9).JPG


ものすごい暑い日々が続いていて、この日も30℃を超える温度。
普通に立っているだけで汗が出てくるので、とにかく日陰をつたって歩き、水分補給を確実にしていきました。


甲州街道2 (7).JPG
■旧甲州街道 ここからスタートです。


甲州街道2 (11).JPG


甲州街道2 (12).JPG

甲州街道2 (15).JPG
■なんとも歴史を感じさせる建物です。

甲州街道2 (24).JPG
■火の見下?


甲州街道2 (27).JPG
■すぐ近くに火の見やぐら。バス停の名前もここからでしょうか。


調布から府中は、昔は多摩川沿いにある村落が集中していたそうです。
また、街道沿いということもあり、宿場町としても発展したいたようです。
ところどころに蔵が残っていたり、昔ながらの土壁の建物が残っていたりしています。
私の田舎も農家なので、むかしのおばあさんの家によく似た雰囲気で妙に懐かしかったりしました。



甲州街道2 (31).JPG
■街道沿いにはお寺や神社がありました。

甲州街道2 (28).JPG

甲州街道2 (32).JPG
■金山彦神社 この土地で江戸時代は鍛冶が盛んに行われていたようです。それを祭ってある神社。

甲州街道2 (33).JPG


甲州街道2 (34).JPG
■現在の甲州街道から流れてくる道と合流。旧甲州街道は、現在の甲州街道とほぼ並走しています。


甲州街道2 (40).JPG

甲州街道2 (42).JPG

甲州街道2 (45).JPG

まずは、京王線「西調布駅」に到着です。
小さな駅で、駅前は、ちょっとした商店街になっていました。




powered by TomiryuMap







posted by がね〜しゃ at 09:06| Comment(3) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

国分寺音楽祭T-SOUL

SBSH0178.JPG

国分寺周辺で行われる野外音楽祭「T-SOUL」を見てきました。
JR中央線「西国分寺」駅と「国分寺」駅前に、いくつかのステージが作られ音楽やダンスを披露していました。

元々中央線沿線には、音楽、文芸、演劇などが盛んでした。
私が住んでいる国分寺にも、ジャズ喫茶や名曲喫茶がたくさんあり、それを目当てにいろんな文芸人が集まった・・・
小説家村上春樹さんも、国分寺にジャズ喫茶をひらいていたとか。

そんな国分寺市を、ボランティア、自治体、商店会、地域コミュニティが連携して、この野外音楽祭で盛り上げているわけです。


SBSH0180.JPG
■西国分寺のステージ 青空・・・とまではいきませんでしたが、熱気あふれてました。飲食店もでていて煙もあふれてました。私はフィットネス帰りに生ビール・・・(;一_一)


SBSH0181.JPG
■場所は変わって国分寺 昼から国分寺へ。駅前や商店街にある空き地を利用してステージを作ってました。


SBSH0183.JPG
■商店街の途中に、ジャグリングや紙芝居もやってました。


SBSH0187.JPG
■大学通り 国分寺には東京学芸大学や東京経済大学、高校には、このすぐ近くに昔は王貞治、今は斎藤佑樹で有名な早稲田実業があります。


SBSH0189.JPG
■チンドン屋もきてました〜。


こういった手作りのイベントを行えるエネルギーがすごい。
自分の住んでいる地域を誇りに思えるなぁ〜と思うのです。
楽しませていただきました!


posted by がね〜しゃ at 21:30| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏本番

おたか (5).JPG

連日酷暑が続き、夜も寝苦しい日々が続いています。
我が家は、クーラーをあまりつけず、扇風機で耐える家なのですが、こう暑いと熱中症になってしまう恐れがあるので、昼間は喫茶店などに退避しています。
クーラーは快適で便利ですが、冷房がきついと、体が冷えたり温まったりと逆に体を疲れさせうようです。

お鷹の道の木々草々は、この暑さをものともせず、成長を続けています。
この辺りを歩くと、日光が自然に遮られ、かなり涼しい・・・

蝉の鳴き声は最初はちとうるさいですが、松尾芭蕉がいうように、ず〜っと聞いていると「しみいっ」てくるのか、気にもならなくなっていきます。

暑いですが、体調に気をつけて、乗り切っていきたいものです。


おたか (2).JPG
■昔は武蔵野一帯がこんな感じの原野だったんでしょうな〜。


おたか (6).JPG


おたか (3).JPG
■ラズベリー??びっしりなっていました!


おたか.JPG
■夏は空が高い感じがします。


日曜日の今日も朝から暑いや!

posted by がね〜しゃ at 08:48| Comment(2) | 【国分寺風景】お鷹の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。