2011年01月30日

アジアカップ 日本代表優勝!!

SBSH0288.JPG
■野川。日立製作所中央研究所内が水源で、小金井市、調布市、三鷹市をまたがり多摩川に合流します。

東京マラソンの参加案内がついに送られてきました。
ちんたらフィットネスのルームランナーで走ってましたが、今年1月に入ってこれではあかんと、トレーニングするようにしました。

休日の早朝に起きて、切れるように寒い朝に走りだすと、犬の散歩で歩いている方や、自転車で走っている方、同じようにマラソンしてる方がおられ、勇気づけられます。
主に、家の近所の国分寺周辺を走りまわったりして、散策も兼ねて楽しんでいます。


話は変わりますが、昨日のサッカー日本代表は素晴らしかった!!
私が、今回の日本代表に心惹かれるのは、カタール戦の伊野波の逆転ゴール前の香川の頑張りに集約されます。
足を引っ掛けられて倒されようが、笛が吹かれるまではファールではないはずです。
ファールにならないからと言って、プレーを止め審判に文句を言うのではなく、流れの中で貪欲にゴールを決めたいという姿は、見ていてとても気持ちがよいです。

W杯の経験が十二分に活かされた大会だったと思います。
このアジアカップでの経験も、さらに次の大会へとつなげてほしいと思います。
サッカーの楽しさを、いろんな人に伝えることができた、素晴らしい日本代表のプレーだったのではないでしょうか。

深夜にも関わらず、大声をあげてしまい、近所迷惑かと思ったら、近所でも同様に叫び声が聞こえました(^−^)
見てた人多かったみたいですね〜。













posted by がね〜しゃ at 17:41| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

福生 福生(銀座通り)

SBSH0264.JPG
■福生西口から少し歩いたところにある「銀座通り」

昨日は久しぶりに福生(ふっさ)へ出歩きました。
米軍の横田基地があり、国際色豊かな雰囲気が漂っており、昔ながらの建物が残っていたりする地域。
街歩き好きにはなかなか興味をそそられる場所でもあります。

前回は、横田基地周辺を歩きましたが、今回は西口の銀座通りを歩いてみました。
昭和な感じが残っている場所や、やはり米軍基地周辺だなぁと感じさせる場所が残っていたりとなかなかおもしろかったです。


SBSH0266.JPG
■奇麗に壁に絵が書いてあります。イタリアン?

SBSH0272.JPG
■電気屋さんもアルファベット。

SBSH0274.JPG
■パチンコ屋さん。一目では分からなかった・・・

SBSH0277.JPG
■純喫茶「穂高」。やっていたら入りたかった・・・

SBSH0280.JPG
■これまた昭和なパチンコ屋さん。パチンコはやらないので、入りませんでした。

SBSH0284.JPG
■道路は奇麗に舗装されています。ず〜っとまっすぐな道が続いていきます。

SBSH0286.JPG
■パーマ屋さん。中は見えません。

住宅街につながる場所は奇麗に整備されています。
この日は東口の西友にあるイタリア料理屋さんでピザを食べて帰りました(^^)

posted by がね〜しゃ at 19:14| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ロシア料理

SBSH0255.JPG
■パトラッシュビール。ベルギーのビールだそうな。ベリーのほんのりとした甘味が口いっぱいに広がりおいしい!!

先週は、相方の誕生日祝いを兼ねて国立にあるロシア料理店「スメターナ」に行きました。
ちなみに、数年前にもスメターナさんには食べに来たことがあり、その時もロシア料理の濃厚な味わいに魅了されています(^^)

ロシア料理は、厳しい気候に耐えるためなのか、脂肪分が豊富で濃厚な味わいの物が多いようです。
シチューや煮込み料理などが多種多様なのも、体がしっかりあったまるからでしょうね。
代表的なものは、ピロシキ、ビーフストロガノフ、ガルブッツイ(ロールキャベツ)など。


SBSH0258.JPG
■ボルシチ 実はウクライナの伝統料理だそうです。テンサイなどが入っていて煮込むとワイン色になるそうです。サワークリームの酸味が広がると奥深い味わいになります。おいし〜。

SBSH0259.JPG
■キエフスキー・・・鶏のもも肉をチーズと一緒に包んで揚げたもの。 ナイフで切るととろとろのチーズがあふれてきます。チーズがこれまた濃厚でおいしかったです。

SBSH0260.JPG
■ヤズィック・・・牛タンのシチューです。肉が柔らかい!デミグラスソースがまろやかです。


広大な領土を持つも、一年間ずっと使える土地は意外と少ないロシア。
厳しい環境に打ち勝つように工夫されて根付いていた土地の料理と、16世紀以降の帝政ロシアの宮廷料理文化が絡み合い、今の形が生まれているようです。
コース料理のスタイルは、お皿が覚めないように一品ずつ出したロシアのやり方を、フランスがまねたそうです。
それまでのフランスでは、作った料理を一度に出すのが普通だったんだそうな。

地域の料理を堪能するのは、その地域の文化に触れること。
日本は便利な国ですね。


posted by がね〜しゃ at 21:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

山本周五郎「天地静大」

SBSH0265.JPG
■困った王様みたい・・・

いつもなら一時期だけなんですが、昨年の秋から読書の習慣が続いてます。
今年のお正月も風邪でダウンしたため、ベッドで少しずつ読んでいました。

山本周五郎は以前から読んでいたんですが、最近妙にこの作家さんの人情味熱い内容にやられて、いろいろ買って読んでいます。

山本周五郎の予備知識(知らずに読んでいたんですが・・・)

・明治36年生まれ
・直木賞史上唯一の授賞決定後の辞退者
・「庶民派」として知られる。
・【至言】貧乏と、屈辱と、嘲笑と、そして明日の望みのなくなったときこそ、はじめて我々は人生に触れるのだ。


つい最近読んだ「天地静大」は、東北の小藩の侍である杉浦透を通して、江戸幕府最後の動乱時代に生きる若者たちの迷いや不安など、彼らの等身大の姿を描いたものでした。

幕末ですので、尊王攘夷派や佐幕派などの過激な政治思想を持った若者たちも多く、自分たちの理念の実現に向けて熱く燃え、時には天誅と称した刃傷沙汰まで行っていました。

主人公の「杉浦透」は、こういった人達から一歩離れ、学問に生きようとしており、また、この話を構成する登場人物もそういった人達から離れた人達を中心に描いており、物語に大きな盛り上がりはないにも関わらず、時流に翻弄されながらも必死に生きようとする姿がとても感動させられました。

歴史小説を多く読んできた私は、政治に関わる人達とは違った視点で描かれた幕末の姿がとても新鮮で楽しく読ませていただきました。

物語の途中に「世の中を動かすものは一部の人間の信念などではない」という言葉がありました。
山本周五郎の思いが込められた言葉なのではないかと思っています。

作者の思いを丹念に練って作られた一作でした。
他も読んでみたいと思っています。
posted by がね〜しゃ at 14:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

風邪でダウン

SBSH0272.JPG
■名古屋大須の大須観音です

3が日も終わり仕事始め。
・・・が、正月疲れからか風邪をひいてしまいました。

今週はどうしても仕事を休むわけにはいかなかったので、無理をしたのがいけなかった・・・
金曜日の夜から高熱でダウン。
今日の夕方までうなされていました。

今年は胃腸に来るらしいです。
私はのどにもきたので、がらがら声です。

皆様もお気をつけを。


写真は、実家に帰った時に寄った大須観音と、織田信長のお父さん「織田信秀」が祭られている萬松寺(ばんしょうじ)です。
毎年寄ってるな〜。

SBSH0274.JPG
■幻想的です

SBSH0275.JPG
■お墓があります。

SBSH0276.JPG
■提灯には織田家とあります。

大須の大きな商店街にいきなり現れる萬松寺。
この日は初売りとあって、凄い人でした。
東京で言えば、上野「アメ横」、大阪で言えば、日本橋「黒門市場」に当たるのかな。



posted by がね〜しゃ at 19:42| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

明けました

SBSH0258.JPG

あけましておめでとうございます。
本年も皆様方にとって幸多い一年でありますことをご祈念いたします。


あっという間に正月の三が日も終わってしまいました。
元日は実家に帰り、2日にプチ同窓会。
そして、今日帰ってきました。

プチ同窓会は20年ぶりに会えた人もいて、とても楽しい時間を過ごすことができました。
毎年、実家の名古屋に帰省するのは、この同窓会のためと言っても過言ではない?!
というのは言いすぎですが。

みんなが元気に暮らしていることを聞けるのはとてもうれしいです。
小学校・中学校の時には喧嘩していた子とも、今では普通に話ができます。
毎年1回でもこうして近況を話し合える友人がいることは、幸せなことだと実感しています。


さて、大みそかはゆく年くる年を見てから、近所の国分寺に初詣に行きました。
国分寺では、鐘をつくのに並ぶ人、お参りするのに並ぶ人に分かれていました。
毎年の国分寺での光景ですが、日本人は礼儀正しいなぁといつも心が洗われます。

お隣の神社では、神楽が出ており、大きな太鼓が出て、自由にたたくことができます。
日ごろの鬱憤?を晴らすかの如く、また邪気を払うがごとく、思い切り叩くといい音が近隣に響く・・・。

願い事は、いつもと同じで「今年一年、健康で暮らせますように」。
相方とネコ’Sと明るく元気に暮らせるように頑張ろうっと。



今年の目標は・・・

・体重をベストの63`を維持   健康
・宅建合格 簿記2級合格     勉学
・新たな人とのつながりを見つける 交流
・読書              知識

あんまり欲張らないようにしよ(^^;)

なにはともあれ、自分のモットー「マイペース」で公私ともに楽しみます。
もちろんブログの更新も続けていきます!

この僻地ブログを見に来てくださる方々、今年もどうぞよろしくお願いします。

posted by がね〜しゃ at 22:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。