2011年07月31日

青森日帰り旅行

あおもり (71).JPG
■青森県立美術館にある「あおもり犬」。ねむたそうですね・・・

八戸→新青森までの区間まで広がり、東京から青森まで一気に行くことができるようになりました。
JR東日本ではキャンペーンを組んでテレビや各駅で宣伝されてました。

相方と私が気になっていたのが、とろんとした目をした犬の写真。
「奈良美智」という有名なポップアート作家の描くものではないか?と思っていたら、やはりそうで、青森県弘前市出身で、青森県立美術館に展示されているとのこと。
他にも棟方志功や寺山修二など、青森県を代表する美術家の作品がみれるとのことだったので、ふらりと行ってみました。
途中秋田方面に行く電車と離れて、青森まで3時間強の旅でした。

あおもり (90).JPG
■近代的な建物。中で結構迷いました・・・

あおもり (56).JPG
■八角堂というところに飾られている「奈良美智」作品。にらみつけたような女の子の絵が有名。

あおもり (60).JPG
■あおもり犬はこちら 建物から離れ、階段をのぼり、少し行ったところにあります。

あおもり (69).JPG
■目つきが気になる・・・

あおもり (79).JPG
■内部はキューブリック作品で出てきそうな造り。おもしろいです。

青森県立美術館は、丘陵地帯を利用して造られているようで、2階なのか1階なのか区別がつかなくなるし、建物内部も巨大迷路のように、どこがどこなのか迷ってしまいました(@_@;)
それもまた、途中で新たな発見のように、展示されている部屋を見つけたりとなかなか面白かったです。

棟方志功の版画作品を間近で見たのは初めてで、圧巻の一言。
こちらまで迫ってきそうな勢いに驚かされました。

もう少しじっくり見たかったのですが、日帰り強行旅行だったため、2時間ほどの滞在でした。

あおもり (22).JPG
■青森県立美術館近くには縄文時代の大遺跡「三内丸山遺跡」もあります。物見やぐら(?)と巨大住居。おそらく村の長の家かと思われ大きいです。

あおもり (36).JPG
■少し離れるとこのような家に。

あおもり (38).JPG
■中はこんな感じ。火を囲んで座るくらいしかできず、寝るときどうしたんだろうか?

あおもり (42).JPG
■さらに離れると穴を掘った感じになり・・・

あおもり (40).JPG
■最後はこうなります。雨をしのぐだけか・・・


あおもり (92).JPG

日本酒もおいしかった!!
posted by がね〜しゃ at 10:08| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

こすけ永眠 (7月23日)

SBSH0498.JPG

昨日ブログの更新をしてすぐ、こすけの様態が急変。
息苦しそうにしながら、相方と見守る中静かに息を引き取りました。
今日の午前中、火葬をお願いして骨になって帰ってきました。

今となれば、なぜ痩せてきたときに、すぐ病気か?と考えなかったか。
手術は無理してもすべきだったのでは?
ご飯のやる量が間違っていたのか?
漢方の薬をもっと早く試すべきだったのでは?

など、いろいろ考えるところはあります。

最終の精密検査の結果を今日、病院で聞くことになっていたのですが、病院の予約を取り消す電話をしたときに、先生からは、すでに肺全体に癌が広がりつつあったそうで、左肺だけでなく右肺もほぼ壊死しかけていたと。
検査から、ここまで生きてくれたのは、奇跡に近いのではないかとも。

火葬の時には、こすけが夢中になって遊んでくれたおもちゃと最期枕にしていたぬいぐるみを一緒に焼いてもらいました。

保健所で飼い主を募集していたところを、相方と意気投合してやってきた大阪猫こすけ。
大阪に一緒に帰りたかったなぁと相方に言おうとしたのですが、言おうとした自分が泣きそうになったので心にとどめておきました。




SBCA0003.jpg
■快適だぜっ!

06-12-20_13-30~00.jpg
■俺が上。下は弟「ちゃな丸」

SBSH0376.JPG
■はぁ〜、ねむっ。

SBSH0503.JPG
■最期の写真。このあと、呼吸困難になり、息を引き取りました。

こすけの特徴
好き
・シャワーのお湯(水じゃだめ)
・抱かれること(手を広げると自分から胸めがけてジャンプして飛び乗る)
・紙袋、ビニール袋(入るのが好き)
・段ボール箱(入るのが好き)
・耳たぶ(寝てるとなめまくる)
・なす(炒め物などを勝手に食べるとき、なすだけ選別して食らう)
・毛布(冬は寝てる私たちのところにもぐりこんでくる)

嫌い
・注射を打つ獣医の先生(睨み付ける。根に持つので、何日か後に、かみつく)
・高いところ(ベランダから外を見せてあげようと持ち上げると震える)
などなど

鳴き声が低く、怒られるとすぐ逆切れする、どちらかというと可愛げのない猫でしたが、動きや表情に愛嬌があり何か憎めない。そんなやつでした。


沈んだ日記にお付き合いいただきありがとうございました。
これからは元の散策日記(?)に戻ります。

posted by がね〜しゃ at 13:01| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

7月23日

SBSH0502.JPG

■ふぅ〜

最初はかなり嫌がって入らなかった酸素発生器内ハウスですが、最近は入れてやるとしばらくはぢっとしています。
が、歩き回るのが好きなため、すぐ出ていく(T_T)

様態はかなり悪く、息が荒い。
胸水も連日70ccほどとれてしまう。

見てる方もつらい。

posted by がね〜しゃ at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

7月19日

SBSH0495.JPG

■「しんどいっす」

胸水70ccとれる。
相変わらず元気なく、息荒し。

こすけ用の酸素発生器が来る。
いったん中に入るもすぐ外に出てしまう。
慣れてくれるのを祈るのみ。
posted by がね〜しゃ at 23:21| Comment(0) | こすけの様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

岡本かの子文学碑「誇り」

二子新地 (2).JPG

昨日は、飼い猫を入院させるために「日本動物高度医療センター」に連れて行きました。
最寄(結構歩きますが・・・)の駅はいくつかあるのですが、「東急電鉄」の「二子新地(ふたこしんち)」駅がその一つ。

二子新地の「新地」とあるように、かつてはここは芸者街だったようです。
そんな雰囲気をそこかしこに残しつつあります。

多摩川沿いに近い駅ということで、若い人たちがたくさんいました。
暑いので涼みに行くのでしょう。
バーベキューなどもする人が多いようです。

ちょっと歩くと「二子神社」がある、そこには強烈な威容を放つ奇妙なものが・・・
見ると「岡本かの子文学碑」とあります。
こんなところで見ることができるとは・・・違和感ありありです。


二子新地 (1).JPG

二子新地 (6).JPG


昨日は飼い猫を「日本動物高度医療センター」に入院させ、癌がほかに転移していないかさらに細かい検査をしてもらうことにしました。
一応、転移がリンパや左肺に転移していなければ、切除して対応することで治る可能性もゼロではないとのこと。
よい方向に向かえばいいのですが・・・

ちなみに、日本動物高度医療センターは、神奈川県の多摩川沿いにあるペット専門の2次診療専門の動物病院です。
他にもたくさんの犬や猫たちが飼い主さんに連れられていました。

ここに来るペットたちはなんらかの病気やけがと戦っているわけです。
日曜日にもかかわらず、とても混んでいました。

1泊だけなので、今日引き取りに行ってきます。
posted by がね〜しゃ at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

夏本番

SBSH0486.JPG


梅雨明けして陽射しが強くなり、いよいよ夏本番。
今年は会社も夏の節電対策として個人の夏休みを多くとることを推奨していますが、社員全員で一斉にとらんと意味がないのでは・・・?と思ったり。
まぁ、休ませてもらいますけどね ( ̄ー ̄)ニヤリッ

風が通れば湿度が低いので、クーラーなしでも日中は意外と過ごせます。
さらに、国分寺に行くと木陰で涼むこともできる(^^)
天然クーラーです。

ちなみに、近所の喫茶店は人でいっぱい。
みんな考えることは同じです。


SBSH0491.JPG
■国分寺からの景色。

国分寺で飼い猫の病気平癒を祈願してすぐに、検査の結果が病院から伝えられました。
やはりほぼ癌とのこと。
胸のあたりと肺に転移しているようで、右肺はほぼ機能停止。
確かに、呼吸もあらいのです。

いずれにせよ、覚悟はしつつできる限りの対応はしてあげるつもりです。











posted by がね〜しゃ at 17:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

飼い猫の体調が悪い

SBCA0003.jpg
■アマゾンの箱が好き

飼い猫の食欲がどうもなく、単なる夏バテかと思いきやどうも病気だったよう・・・。
肺に水(のようなもの)が貯まっており、ここ数日ずっと動物病院で抜いてもらっています。

食欲は戻ってきたようですが、水(のようなもの)は止まっている様子がなく、ついに精密検査してもらうことになりました。

私たちが大阪で暮らしていた時から一緒だったので、かれこれ7年以上・・・。
老齢の域に入りつつあるので、病気にもなるのでしょうが、何とか治ってもらいたいものです。

SBSH0308.JPG
■ごろ〜ん
posted by がね〜しゃ at 10:07| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

史跡通りのあじさい

史跡 (8).JPG

ばたばたとしていたらあっという間に7月に入ってしまいました。

梅雨明けはまだなので、じめじめとした日が続いていますが、職場はスーパークールビズが導入され、ポロシャツ、サンダル(職場内だけ)OKとなり、夏に向けた対策がとられつつあります。

写真は西国分寺から南へJR武蔵野線沿いに少し歩いたところにある「史跡通り」。
ついこの間まではあじさいが映える時期でしたが、まだ咲いてはいるものの、かれつつあります。

各地で30℃越えが聞かれるようになり、今年の夏は我慢の夏になりそうです。

史跡 (2).JPG

史跡 (4).JPG

史跡 (7).JPG

この道は草木に覆われていて、ひんやりします。

posted by がね〜しゃ at 14:05| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。