2013年05月25日

田舎へ/祖母の死

DSC_1439.jpg
■田植えはもう終わっていました。この時期、真っ赤な夕日が田んぼに反射して幻想的な景色を見ることができます。

5年前に大腿骨を骨折して以来、寝たきりだった祖母が亡くなりました。
90歳卒寿のお祝いを行い、その数年後の大往生でした。
ゴールデンウィークに叔父・叔母の葬儀と並行して、祖母のお見舞いに行くことができたことは、ある意味運が良かったのかと・・・。

祖母は認知症だったこともあり、母ですら理解できない状況になりつつありました。
また、既に自分からご飯を食べることもできず、ほぼ寝ている状況。
それなりに、みんな覚悟はできていました。

最後のお見舞いになった日は、家族全員でお見舞いに行ったのですが、運良く起きており、「みんなでお見舞いにきたよ」と言ったら「うんうん」と頷いてくれました。
この時は母のことも理解できたのかもしれません。

数年前、まだ認知症が進みつつあった時は、私の顔を見てもすぐには私だとわからなかったのですが、名前を言うと目が飛び出るくらい驚きの顔をして、「なんとええ子になったかや」といってくれた事をおもいだします。
おそらく祖母にとっては、子どもの頃の印象が強く残っていたのでしょう。
それが、既に40歳近い男が私だと言うのですから、びっくりするのも無理はない(^_^;)

岐阜県の恵那というところは、中山道の大井宿があるので有名です。
ただ、祖母の家はその大井宿からさらに山へ入ったところにあり、子供の頃は本当に田んぼと畑と数件の家しかない場所でした。

畑でいちごを作って、好きなだけとって食べさしてくれたり、水とはちみつを凍らせた「はちみつ氷」なる単純なものをおやつとして出してくれたり・・・。
何もないなかでも孫のためいろいろと工夫してくれました。
とにかく優しくて働き者のおばあちゃんでした。

既に亡くなった祖父の事が大好きだったので、間違いなく天国でもおじいちゃんと一緒に過ごしていることでしょう( ̄▽ ̄)

いつも笑顔だったおばあちゃんだったこともあり、お葬式は、ひ孫も見守る中、親族一同笑顔の絶えないものでした(^-^)

posted by がね〜しゃ at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めてのクラシック鑑賞

DSC_1412.jpg
■東京オペラシティコンサートホール。外観は近代的で角ばった感じですが、居心地は良かったです。

先週の日曜日は、私の誕生日の前祝いということで、相方がクラシックコンサートに連れて行ってくれました。
クラシック音楽などこれまで全く興味がなかったのですが、最近ではCDを買ったりして少しずついろいろ聴くようになりました。
そもそも、クラシック音楽に興味を持ちはじめたのは、携帯をスマホに替えて動画サイトYouTubeを簡単に見ることができるようになったのがきっかけでした。

たまたまベルリンフィルハーモニー交響楽団によるカラヤン指揮のチャイコフスキー交響曲第5番を聴き、これが妙に自分の頭に心地よい余韻として残り、くるみ割り人形、眠れる森の美女へ続き、別の作曲家の音楽へと進んでいる次第。

今では、私が喫茶店好きでもあるので、東京にある名曲喫茶にもちょくちょく行き、いろんな音楽に触れる機会を作っています。

そんな中での相方のプレゼントでした。

DSC_1414.jpg
■オフィス棟もあり巨大なタワー型ビル。新国立劇場もあり、商業・文化の複合施設であります。

DSC_1411.jpg
■コンサートホール前のエスカレーターから。光が入る仕組みで明るいです。

DSC_1405.jpg
■中庭?のような場所。何やら立っているようで・・・

DSC_1408.jpg
■巨大な人型のアートでした。


東京オペラシティにあるコンサートホールは西新宿にあります。
西新宿は都庁ビルを筆頭に巨大なビルが立ち並んでいる場所で、私は密かに息苦しさを感じる場所でもあるのですが、趣向に富んだビルの外観を眺めるのもなかなか面白い・・・。

午後2時から始まったコンサートは東京交響楽団(秋山和慶/指揮・ミシェル・ペロフ/ピアノ)により、ドビュッシーとラヴェルを聴くことができました。
ドビュッシーは名前、ラヴェルはボレロくらいしかしらない(し、失礼!)スーパー初心者なので、爆睡してしまわないか不安でしたがまったくの杞憂でした。

スーパー初心者が偉そうに言うのもなんですが、ラヴェルの音楽の印象は、複雑でばらばらな音が自然に音楽として構成されていくような感じがして、とても面白く聴けました。

左手のためのピアノ協奏曲は、文字通り左手だけで弾いているのですが、目をつぶって聴いてみると、左手だけとは思えない力強さ!
ピアニストのミシェル・ペロフ氏の素晴らしさは、スーパー初心者である私にも十分伝わりました(^-^)

観客からは惜しみない拍手がなされ、なかなか鳴り止まないという状態に・・・。
芸術家としては、とても嬉しい時間だったことでしょう。


約2時間弱の素晴らしい時間を過ごすことができたのは、相方のおかげ。
私は相方にも拍手をしておきました( ̄▽ ̄)

■プログラムから

ドビュッシー/ビュッセル編
小組曲

ラヴェル
ピアノ協奏曲ト長調
左手のためのピアノ協奏曲
ラ・ヴァルス
posted by がね〜しゃ at 12:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

石和温泉日帰りの旅

DSC_1403.jpg

昨日は相方にわがままを行って、石和温泉日帰り入浴の旅へ行ってきました。
国分寺から中央本線で約2時間程度の場所にある石和温泉は、のんびり豊かな自然を眺めて心を癒しつつ、日帰りでも行ける温泉なので重宝しています。

いちごが終わり、桃やぶどうは6月くらいからなので、果物どころ山梨としてはちょっとさみしい時期でした。
その代わりと言ってはなんですが、駅前ロータリーには見事な薔薇が咲き誇っており、ロータリークラブの方々の努力の結晶が楽しめました(^-^)

DSC_1404.jpg
■川面もきらきらと眩しく気持ちよい。

DSC_1405.jpg
■信玄公もどっしり構える・・・

DSC_1408.jpg
■温泉では毎回恒例のかぼちゃのほうとうをいただきました。

昭和36年に源泉が見つかった石和温泉は比較的新しい温泉街ですが、平成14年に新たに源泉の掘削に成功しているそうです。
中国人観光客も多く、まだまだこれから大きく発展していく可能性を秘めた場所でもあります。
今年は石和温泉を起点にして山梨巡りを検討中です( ̄▽ ̄)

posted by がね〜しゃ at 20:00| Comment(2) | 中央本線沿線(長野・山梨) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ荒川へ〜クロスバイク日誌26)

DSC_1471.jpg
■出発は5時40分ころ。この時間は薄曇り。

最近週末になると天気が悪くなるヽ(`Д´)ノ
土日やGWも用事が重なったりして4月は結局、1回しかトレッくんでの自転車旅に出れませんでした。
12日は天気もまぁまぁで、かねてから考えていた荒川まで行ってみました。

荒川へ向かう道は一番単純に、府中街道→志木街道を使って北へ進んでみる・・・。
志木街道とは東京都東村山市から埼玉県に繋がり、東京都清瀬市をぶち抜いて走る道。
道が狭い部分もありますが、全体的には綺麗に整備されつつありなかなか走りやすかったです。
何よりこの道、所々に蔵や神社、道案内の石碑など歴史に触れられる場所がそこかしこに残っています。

DSC_1483.jpg
■安徳天皇を祭神とする水天宮。創建年代は不詳とのこと。お隣には日枝神社がありました。

DSC_1482.jpg
■三猿の石灯籠。元は参道に一対あったものだそうですが、保存するため日枝神社の境内に置かれていました。

DSC_1489.jpg
■埼玉県志木市に入るとカッパが・・・。志木にはカッパ伝説が多数残っているとのこと。

DSC_1490.jpg
■道案内の石碑と後ろは重要文化財の建物。

DSC_1508.jpg
■志木は江戸時代に最新の用水路技術を使って農業用水をこの地に引いてきたのだそうです。

DSC_1509.jpg
■志木市役所。この時間になると快晴になり暑くなってきました(;´Д`A

DSC_1517.jpg
■新河岸川。隅田川の支流の一つ。川越藩主松平信綱により、改修工事が行われた歴史ある川だそうで。


約2時間弱の自転車の旅で、ようやく荒川に到着。
荒川は多摩川と違った雰囲気のある重厚な川ですな〜(゜ロ゜)
なんと、田んぼがあったり、ゴルフ場があったりと新鮮な驚きでゆっくり川沿いを走る・・・。
川沿いの道も幅が広いので、走っていてとても爽快でした。

ゴール地点と定めていたのは、新河岸川と荒川の合流付近にある氷川神社。
大宮にある総本山の氷川神社は武蔵国一宮で延喜式にも記載されている非常に古くて権威のある神社ですが、こちらの神社はその末社。
氷川神社は元は水神を祭ったとされているそうで、荒川周辺に多いのもなんとなくうなずけます。
治水技術が発達する以前は、大雨で荒れ狂う川を畏怖し祭ったのでしょうか。

神社前では猫がゴールを祝ってくれました(´▽`)


DSC_1521.jpg

DSC_1520.jpg
■田んぼもあったりするんですね。大雨の時大丈夫なんやろか・・・。

DSC_1524.jpg
■ゴルフコース。朝早いのにかなりの人で賑わっていました。

DSC_1527.jpg
■ゴールの氷川神社です。小さな小さな神社でした。

DSC_1526.jpg
■ゴール前にいた猫。こちらを恐ることなくスローな動きでした。


この時期意外に紫外線が強いようで、帰ったら手と顔が思い切り日焼けしておりました・・・(>_<)
紫外線対策は重要だ・・・


DSC_1532.jpg
■帰りにシャトレーゼでシュークリームを食べる。甘さが体に染み渡る・・・



往復60.9km。久しぶりの60キロ超えでした。


posted by がね〜しゃ at 00:42| Comment(0) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

殿ケ谷戸庭園

DSC_1402.jpg

JR国分寺駅南口すぐのところにある「殿ケ谷戸庭園」。
入園料150円で武蔵野の自然を活かした回遊型の庭園を見ることができます。
5月に入りようやく暖かくなってきたこともあり、よい機会なので久しぶりに行ってみました。

DSC_1407.jpg

DSC_1410.jpg

DSC_1413.jpg

DSC_1415.jpg

DSC_1416.jpg

DSC_1418.jpg

ベンチで本を読む人、会話する人などめいめいで楽しんでいました。
私は暫くぼ〜っとして、頭の整理をしてから家に帰りました( ̄▽ ̄)

あっという間に5月も中旬。
梅雨の時期に入りますなぁ〜。


posted by がね〜しゃ at 21:23| Comment(3) | 【国分寺風景】殿ヶ谷戸庭園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

多摩川の南側をのんびりと〜クロスバイク日誌26)

DSC_1405.jpg

ゴールデンウィーク後半はいっちょ遠出ツーリング・体力の限界に挑戦してやろうと思っていたのに思いのほかバタバタして結局計画倒れになっております(T_T)
こうしてブログを書いている今の時間は9時。
実は、最後の日も早起きして愛車「トレッくん」に乗るつもりが、思いのほか体に疲れがでているようで、体は重く、珍しく結構な下痢に悩まされています・・・(汚い話ですいません)。
結局、僅かな時間を利用して5日(日)、多摩川南側をそろりそろりと走りました。

DSC_1420.jpg

いつものように是政橋をめざして走ると、太鼓の音が聞こえる・・・。
そういえば大型連休中はいつも大國魂神社のくらやみ祭の時期!
くらやみ祭とは、深夜の暗闇の中で執り行われたことから名づいたそうです。

いつもは閉まっている本殿が開いており、分霊すると思われるお神輿がちらりと見える・・・(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
大國魂神社は武蔵国の総社として、古くからある神社を合祀しているのだそうです。
後方から本殿を撮影し、普段見れない場所を眺める・・・(´▽`)

残念ながら朝早かったので出店は準備中でした(´ε`;)

DSC_1431.jpg
特に目的があったわけではないですが、多摩川の南側には昔、「大丸村」があり、江戸時代から整備されてきた大丸用水があることを知ったので、南武線「南多摩」駅付近にある大丸用水路に沿ってゆっくりとツーリング。

最初は大きな道路沿いに流れる水路も、いつしかのどかな田畑にそうようになり、のんびりとした風景になりました。

DSC_1433.jpg

DSC_1436.jpg

DSC_1450.jpg

DSC_1450.jpg

創建年数不詳の古社、稲城青渭神社を拝んでゆっくり自転車を走らせるとお蕎麦屋さんの駐車場に見事な藤の花。
まさに今が見頃で見事な紫色の花が静かに咲き乱れておりました。

DSC_1481.jpg

残念ながら富士山は霞んでいて、写真にはとれません・・・
恥ずかしがらんでもいいのに。



20.6kmののんびり走行でしたが、地味に疲れた模様。
昼からの用事もなんだか冴えない状況でした。
ゴールデンウィーク最終日は疲れを取るために使おう・・・。

遠出はまた次の機会に(T ^ T)


posted by がね〜しゃ at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

名古屋に帰る

DSC_1392.jpg
■名古屋駅前ツインタワー。圧巻(゚д゚lll)

身内に不幸事があり実家に戻っていました。
大型連休後半に入る前日に母親から親戚の叔母さんが危篤との連絡。
その後、叔母が亡くなったことと数年前から寝たきりだった叔父の訃報の連絡がありました。
30分違いのほぼ同時刻に父の兄・姉が亡くなったとのことでした・・・。

こんなこともあるのかと、急いで実家名古屋に戻りその後家族と合流して父の実家へ。
実に20数年ぶりに行く父の実家は岐阜県の山奥にあります。
国道沿いはいろいろと変わっていましたが、道路を離れると時が止まったかのような感覚に陥りました。

地縁・血縁関係がしっかりしている田舎は都会と違い、訃報事に対しても混乱しながらも段取りよく取り仕切られていました。
一族の仲が良い家系ですので、きっと叔父さん叔母さんは、迷ってしまわないように一緒に旅立ったのではないかと思いました。

故人の顔を最後に眺める機会をいただき、叔父さんも叔母さんもとても穏やかで安らかな顔をしており、まるでみんなに落ち着くように促しているようでした。


GW後半初日に名古屋へ向かった時は、東京駅も帰省客と観光客でごった返しており、新幹線も2時間弱立たざるを得ませんでしたが、東京へ帰る翌日は比較的落ち着いていました。
慌ただしい帰省となりましたが、変わりゆく名古屋駅前の風景は写真に撮って帰りました。

DSC_1394.jpg
■駅前ロータリー。この奥に「大名古屋ビルヂング」という巨大なビルがありましたが、建て替え中でした。

DSC_1398.jpg
■タワーズの12階からの眺め。よくよく見ると・・・

DSC_1399.jpg
■名古屋城が見えたりします。


ふと、父や他の叔父さんの顔を見てみると、白髪が増え、シワが増え、年齢を重ねていることを強く実感しました。
それは、よくよく考えなくても当たり前に自分自身にも当てはまっていること。

この後、自分の父や母そして自分にも同じような瞬間がやってくるのだということを目の当たりにしていても、何か遠くの事のように感じているのは自分の感覚が鈍いのかなぁと思ったり。
でも、それはまだ自分がやるべき何かをやっていないからなのかなぁ。

孝行したい時に親はなし。
まだまだ、私は全く何も親孝行していないのだ。

DSC_1383.jpg
■岐阜の山は、藤があちこちで咲き誇っていました。

posted by がね〜しゃ at 12:03| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。