2013年10月31日

ハロウィンです。








今日はハロウィンです。

ハロウィンとは・・・
古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事
        〜Wikipediaから
なのだそうです。

田舎ものの私はハロウィンなどという行事を子どもの頃は全く知りませんで、ある程度年を重ねても、アメリカで行うお祝いで日本には関係ないものと思っていましたが・・・。

東京駅では仮装している人もちらほら見かけました。
日本にも根付きつつあるんですね。

相方は気合いを入れてかぼちゃを使った料理をしてくれました。
ありがたくいただきましたよ( ̄∇ ̄)
posted by がね〜しゃ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

御徒町周辺は職人の街〜2k540へ行ってきました

DSC_2514.jpg

JR山手線の御徒町と秋葉原のほぼ中間地点あたりにあるJR東日本都市開発が関わる商業施設「2k540」(ニーケーゴーヨンマル)へ行ってきました。
御徒町周辺が伝統的に職人の街であったことから、高架下を工房とショップと一緒にして貸し出して、ものづくりを介した人の流れを生みだそうとしているそうです。

JRが持つ資本とコンセプトを上手に組み合わせていて感心しました。
最近の大型不動産開発では、建物や施設の特性を街の特性、歴史、発生している問題などからそのニーズを拾って検討されているようです。

DSC_2505.jpg
■秋葉原にはちゃばらという食の施設があります。

DSC_2506.jpg
■白を基調にした壁。コンクリートむき出しよりもおしゃれで清潔感がありました。

DSC_2507.jpg
■ガラス、革、陶器などを使ったお店が並んでいます。

DSC_2509.jpg
■「街の延長線上にこの場所がある。」というコンセプトだそうで、高架下にあるためビル内の店舗と違い開放感があります。

DSC_2510.jpg
■ここのキャラクターみたい。

DSC_2513.jpg
■全国各地の特産品が集まったお店「日本百貨店」。

2k540とは・・・
 鉄道用語では東京駅を起点とした距離「キロ程」で場所を示します。当該施設は2k540m付近にあるため 「2k540」とし、呼びやすく親しみやすいように、読み方を「ニーケーゴーヨンマル」としています。
(HPより)

革のハンドメイドを始めたこともあり、革工房の一つに入ってみました。
物静かな若い店主が作った財布、キーケース、鞄など、どれも丹精込めて丁寧に作られていて見事でした。
色々とお話を聞いてみましたが、財布の形、革の質、デザインには製作者のこれまでの経験や思いが込められていました。

手元の資金に余力がなく残念ながら指を加えて眺めるだけでしたが、次のボーナスが出てからまた来ますと話してお別れしました(^_^;)
作られている品々もいろんなものがあり、男性も女性も関係なく楽しめる場所でした。

posted by がね〜しゃ at 10:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

東京の滝_檜原村〜クロスバイク日誌31)

DSC_2452.jpg
■秋の玉川上水。しかしいつも木々、草木が生い茂っているなぁ。

3連休の二日目。
土曜日の早起き失敗の反省から、日曜日はしっかり早起きできました(^-^)
奥多摩方面に向かいたかったので色々調べてみると、檜原村に中山の滝というのがあるそうな。
檜原村は、以前行った戸倉神社のさらに奥に入ったところ。
これは山登りの練習としても良いのでは!といざ出陣です。

DSC_2453.jpg

DSC_2455.jpg

DSC_2456.jpg

DSC_2457.jpg

基本は五日市街道をずっと走ればJR武蔵五日市駅にたどり着くので迷わずいけるようです。
しかし、五日市街道は道路の幅員が狭く、走る車もトラックが多かったりするので意外にこわい・・・(ToT)
可能な限り玉川上水の車があまり走らない側の道に沿って走ります。

日曜日の朝は土曜日と比べてかなり冷えていました。
これから冬へ向かうと足先が冷えるので何か対策を練らねば・・・。

モノレール砂川七番駅を通過し、立川を通り過ぎて福生へ。
途中、阿豆佐味天神社が同じ通りに2つあり驚く。
阿豆佐味天神社は瑞穂町の多摩湖南川にあるのが総本山で関東には結構あるのだそうです。
立川・小平の神社は、新田開発の時に勧請されたものとのことです。
ちなみに総本山の歴史は平安時代まで遡れます(゜ロ゜)

福生の横田基地・拝島駅を抜けると多摩川が見えてきます。
橋からはそっと富士山の頂上が見えてました。
もう少し寒くなるとはっきりと見えるんですけどね。

DSC_2459.jpg

DSC_2461.jpg
■面白い形の橋だったので撮ってみました。既に山に囲まれた道。

多摩川を超えて睦橋通りをひたすら西へ行きJR武蔵五日市駅へ到着。
この日はリュックをしょった行列が奥多摩方面へ向かっていました。
ロードバイカーさんたちの集団も桧原街道へ向かっています。
同じようにバイカーさんたちもいて、重低音な爆音を響かせていました。
いろんな人たちがこの武蔵五日市を起点に山へ向かっていて面白い( ̄ー ̄)

DSC_2463.jpg

DSC_2464.jpg

DSC_2465.jpg

DSC_2466.jpg

DSC_2467.jpg


戸倉までは歩道も整備されていましたが、戸倉からの桧原街道はまさに自動車道。
心細くなりながら登り道をへいこらペダルを漕ぐ。
周囲は森で、途中木に覆われて暗くなるところもあったり。
バイカーさんがどんどん追い抜いていきます。

秋川渓谷瀬音の湯という温泉に向かうバスも何台も通過していて、しかもそのバスは常に満員。
朝早いのにみんな温泉?と思いましたが、秋川渓谷を歩く人達をたくさん乗せているんでしょうね。

登り降りを繰り返し、なんとか中山の滝へ到着。
既にパンパンな足を引きずりながら、整備された道を降りていく・・・。
中山の滝は、滝というほど水が落ちるものではなかったのですが、水量がありまた勢いがあったので、とても力強いものでした。

下まで降りて顔を洗ったら、なんとも冷たい川の水(´▽`)キモチイイ
時期なのか、通年なのか、秋川の水は豊富でした。
そして何より綺麗。
透明さが半端ない!(^-^)

暫く、東京にある滝を眺めて帰りました。



しまった!
もうちょっと行けば秋川渓谷だった・・・(´Д`)アウッ


posted by がね〜しゃ at 08:27| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

久しぶりの多摩湖へ〜クロスバイク日誌30)

DSC_2418.jpg

土曜日朝起きたら9時を過ぎていました(>_<)ギャフン
3連休は朝早く起きてトレッくんと思いきりツーリングを楽しもうと思ったのに、初日からつまずいてしまいました。
遠出が難しくなったので、久しぶりに多摩湖へ向かってみました。

10月に入ったのに各地で猛暑となっており、東京もこの日は汗ばむ気候。
結構暑いです。
でも、空は澄んだ青空で秋の雰囲気。
なんか最近の気候はよくわかりません・・・。

玉川上水から五日市街道を進み、小川町から北上。
新青梅街道から残堀川沿いの多摩湖自転車道に入りました。

DSC_2421.jpg

DSC_2422.jpg

久しぶりの多摩湖。
空が広く心が洗われるようで、この場所は大好きです。
クロスバイクを買った当時はこの場所へ来るのにも一苦労だったのですが、今ではお散歩気分で来ることができる・・・そんな自分に驚きです(゚o゚;

おそらく江の島や羽田、川越などに行ったことによる長距離耐性ができたのでは・・・(^_^;)

帰りは多摩湖自転車道を使って小平経由で小金井まで帰りました。
途中、小平ふるさと村という場所を発見。

小平は国分寺や小金井と同じように玉川上水の恩恵を受けて発展した土地です。
江戸時代の開発期の街並みや風景を後世に残す目的でこのふるさと村があるのだそうです。

五日市街道沿いは一瞬タイムスリップして昭和・大正時代に戻った?なんて思われる場所も点在していますが・・・(^_^;)

DSC_2431.jpg
■水車。近くでは手作りうどんのお店がありました。

DSC_2439.jpg
■懐かしい風景。かかし。

DSC_2441.jpg
■小平移住した人達の初期の家だそうです。


懐かしい雰囲気を味わい12時少し過ぎて帰宅。
ちょうど良いツーリングだったよのぅ〜なんて思っていたのですが、一週間の仕事の疲れがどっとでたようで帰ってからは午後半日爆睡でした(>_<)アアッ

長距離耐性なんて言ってましたが、しっかり疲れてました。



正直、疲れました・・・(;´ρ`)
約28`走行。
posted by がね〜しゃ at 14:36| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

梅田を歩く



大阪の中心部梅田を散策。
大阪から東京に引っ越して7年ちょっとたちましたが、その間に梅田周辺は大きく様変わりしていました(@_@)
特に駅前の変わりようといったら・・・。


特に北ヤードと呼ばれていた貨物駅があった場所の一部を先行開発され、グランフロントという新たな商業施設が開業し人の流れができていました。









大丸、阪神、阪急という大阪を代表する百貨店が並ぶ南口一帯に対して、グランフロントや伊勢丹などが北口に並ぶ。
東京の発展もすごいけど、大阪の発展もパワフルでした。



西梅田側にあった大阪中央郵便局が取り壊されて、ほぼ更地の状態になっていたのが少し寂しい感じでした。
ここの開発はしばらくは凍結みたい。




阪神百貨店入口近くの地下道に入ると串カツのにおいが漂う。
あぁ、大阪に帰ってきたんだと実感した瞬間でした(^-^)
posted by がね〜しゃ at 16:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪下町の味 伊吹珈琲



大阪で働いていたときによく通っていた天神橋筋商店街にある伊吹珈琲。
大阪に帰ると必ず寄ることにしています。

大阪の喫茶店は濃いめで苦味が強い珈琲を出すお店が多いですが、それらの珈琲を凌駕する程の濃い珈琲を出してくれます。

伊吹さんの珈琲は苦いといっても舌触りが滑らかで残る後味がとても心地よい・・・。

一杯をゆっくり味わって飲んで、十二分に感動させてもらってお値段390円!
未だに値段変わってないのか・・・。
次はいつこれるだろうか・・・。


posted by がね〜しゃ at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪観光


■ユニバーサルスタジオ近くのホテルから。
大阪の港部の夜景です。

ひさしぶりに大阪にもどってきました。
前回戻ったときはまだ梅田の駅は改修中でした。


綺麗になりましたなぁ〜!
驚かされました。

今日は梅田北ヤードを散策してみる予定です。
posted by がね〜しゃ at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。