2013年07月03日

狭山神社巡り〜クロスバイク日誌27)

DSC_1828.jpg
■阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)。関東武士の祖とも言われる高望王創建と言われてます。

ここのところなかなか愛車「トレッくん」とツーリングをすることができず・・・。
クロスバイク日誌の更新も5月19日から1か月止まっていました(@_@;)

日曜日の多摩地域の天気は、曇り空でイマイチではありましたが、雨は降りそうになかったので久しぶりに狭山方面まで走ってみました。
目的地は西多摩地域にある古社「阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)」。

名前に惹かれていたので、この機会に行ってみました。


■多摩湖、狭山湖の南側にある丘陵地に神社はあります。


DSC_1789.jpg
■まずは八幡神社。おおもとは大分県宇佐八幡宮。

DSC_1797.jpg
■かつて境内にあった御神木の根。枯れてしまったため根を残したのだそうです。

DSC_1799.jpg
■熊野神社。

DSC_1802.jpg
■力石。村の力自慢が力試しをした石だそうです。大121`中96`小75`。小を持ってみましたが重い!

DSC_1805.jpg
■東京都有形文化財の豊鹿島神社。由緒には707年創建。本殿建築は都内で最も古いとか。

DSC_1807.jpg
■御神木は2本。本殿の前にあります。

DSC_1826.jpg

奥に見えるのが狭山丘陵。
今回は狭山丘陵南側を奥多摩街道沿いに走っていきました。
丘陵の北側は石器時代の遺構がたくさんあり、この当たり一体は古くから人が暮らしていました。

湧水もこんこんと出ていたそうで、この地域は当時の人達にとって重要な場所だったのでしょう。

DSC_1832.jpg

奥多摩街道をのんびりと走り、国分寺市から1時間半くらいで目的地の阿豆佐味天神社に到着。
路面が若干濡れており、ついさっきまで雨が降っていたようでした。

DSC_1834.jpg
■重厚な本殿。

DSC_1835.jpg
■他の神社に比べて扉がとてもしっかり作られていました。

関東の武士といえば平将門が有名ですが、その「平氏」の祖となる平高望という人が創建したそう。
延喜式という平安時代の資料にも阿豆佐味天神社の名前が掲載されているので、少なくとも平安時代から鎮座していたことになります。

そんな古くから人々を見守ってくれる神社はこれからも大事に大事に守っていきたいものです。
交通安全と世界の平和を祈ってのんびり家に帰りました(^-^)



posted by がね〜しゃ at 23:07| Comment(0) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。