2013年10月06日

梅田を歩く



大阪の中心部梅田を散策。
大阪から東京に引っ越して7年ちょっとたちましたが、その間に梅田周辺は大きく様変わりしていました(@_@)
特に駅前の変わりようといったら・・・。


特に北ヤードと呼ばれていた貨物駅があった場所の一部を先行開発され、グランフロントという新たな商業施設が開業し人の流れができていました。









大丸、阪神、阪急という大阪を代表する百貨店が並ぶ南口一帯に対して、グランフロントや伊勢丹などが北口に並ぶ。
東京の発展もすごいけど、大阪の発展もパワフルでした。



西梅田側にあった大阪中央郵便局が取り壊されて、ほぼ更地の状態になっていたのが少し寂しい感じでした。
ここの開発はしばらくは凍結みたい。




阪神百貨店入口近くの地下道に入ると串カツのにおいが漂う。
あぁ、大阪に帰ってきたんだと実感した瞬間でした(^-^)
posted by がね〜しゃ at 16:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪駅の松葉だけは変わっていませんね^^;。天王寺は小さな店がショッピングモールの中に吸収されましたけどね。大阪も元気が出ると良いのですが。
Posted by kincyan at 2013年10月09日 16:32
大阪駅の松葉だけは変わっていませんね。天王寺は小さな店がショッピングモールの中に吸収されましたけど。大阪も元気が出ると良いのですが。
Posted by kincyan at 2013年10月09日 16:33
懐かしい雰囲気の商店街は原型が残っているようですね。
阿倍野の開発は少し強引なようにも思っていましたが、残すところは残したという感じでした。

環状線沿いの変化はすごい勢いですが、経済の浮き沈みが最近の日本は激しいので大阪はこれからが正念場といったところでしょうね(^_^;)
Posted by がね〜しゃ at 2013年10月13日 14:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。