2014年05月06日

八王子城址攻め〜クロスバイク日誌33)

DSC_3650.jpg

世に言うゴールデンウィーク。
カレンダーどおりでも4日休みということで、連休初日に相棒「トレッくん」と長旅をしようと計画を立てていました。
が、前日金曜日に深酒、あんど夜ふかしという失態をやらかし、トレッくんにまたがるのが10時チョイ過ぎ。
う〜む(^^;

目的地は兼ねてから行ってみたかった戦国時代の関東の雄「北条氏」の城跡でもある「八王子城址」
以前、「滝山城址」に行ったときに思いのほか城の遺構が残っており、城攻めの難しさを実感したところでした。
八王子城址は滝山城址を造った北条氏照さんの最高傑作と言われているようでしたので、「城攻めファン」の私としてはこれは行かねばと・・・。

八王子城址はその名のとおり東京は八王子市にあります。
ミシュランにも乗った高尾山のすぐ近くになりますので、典型的な山城です(^^;
つまり本丸に向かうには山登りせねばならない。

スタート地点の小金井市から八王子まではひたすら西へ西へと進みます。
先日、途中の立川に新しく巨大家具屋「IKEA」ができたため、駐車場を案内する看板係りの方が国分寺あたりからたっていました。
確かに、立川方面へ向かう車が多い(@_@;)

5月に入り清々しい空気と柔らかい日差しが気持ちよく、のんびりマイペースで八王子へ向かいます。

DSC_3640.jpg
■途中の多摩川サイクリングロードの眺め。この日はひっきりなしに自転車が走ってました。

八王子城址に到着したのは12時少し過ぎた頃。
最近なまりきっている体にはかなりの負担となっていたようで、この時点で既に太ももに怪しい軋みが・・・。
間違いなく筋肉痛になるだろうなぁ〜(^_^;)

ゴールデンウィークだからか、入口には結構な車が止まっていて、観光客と思われる方々がたくさんいました。
この地域の人たちも北条氏に対する思いがあるのか、「大河ドラマに北条5代を」ののれんがたっていました。
豊臣秀吉に対して最後まで抵抗した北条氏。
その政治は民衆からも信頼されていたようで、北条氏の支配下になって欲しいと願う民衆が多かったと以前何かの本で読んだことがあります。
その政は一大名のレベルではなく、一つの国として存在しうるところまでいっていたのかもしれません。

DSC_3645.jpg
■八王子城址を築城した「北条氏照」のお墓。とても頭が良く秀吉も恐れたようで、北条氏が滅んだ際、氏照を許すことはしなかったそうです。

DSC_3653.jpg
■八王子城址入口。入口からあからさまな登りとなっていて覚悟を決める・・・。

DSC_3654.jpg
■道も狭く、崖が多い・・・。大人数で攻められないような工夫が盛りだくさん。

急な登り坂、狭い道、崖・・・。
かつてない厳しい登りに、既に太ももぱんぱんだったのがさらにぱんぱんに(ToT)
高齢の方も杖を片手に登っており、若い者がひぃひぃ言っている姿を晒すわけにはいかないので、常に笑顔を忘れないように心がける(^_^;)

DSC_3665.jpg
■9合目あたりの本丸直前あたりからの眺め。関東平野が一望でき、空気が澄んでいると遠く新宿まで見えるんだそうです。

DSC_3666.jpg
■本丸前にある神社。八王子権現。

DSC_3671.jpg
■本丸には石碑と社がちょこんとあるだけでした。

八王子城は武田信玄の関東侵略をきっかけに関東の西の軍事拠点として造られたそうです。
武田信玄が関東を攻めるルートはいくつかあったそうですが、小仏峠から侵入するルートと和田峠から侵入するルートの両方に対応できる絶妙な場所に八王子城は位置しているとのこと。

9合目あたりからの眺めは最高で、関東平野が一望できます。
多摩の丘陵地帯が間近に広がりとおく都心部も見えました(´▽`)
苦しい山道の疲れも一気に吹き飛ぶものでした(^-^)

八王子権現を通り、気合のひと上りで本丸到着。
本丸跡は狭く、有名なお城のように本丸に何か大きな建物が建てられた様子はありませんでした。
この八王子城は軍事的な意味あいが本当に強いようで、華麗な装飾や建物があった様子はほぼ見られませんでした。
そんな山城も豊臣秀吉の侵攻によりたった1日で落城。
城に残された人々を秀吉は許すことなく皆殺しにしたと言われており、殺された人々の血が川に流れ込み、赤く染まったとも・・・((((;゚Д゚))))

悲劇の山城攻めを終え、極度の疲労を感じながら一路、小金井市へと帰りました。
久しぶりの往復50キロ超え。
疲れました・・・(;´ρ`)



距離:65.9km 最大標高差:238m
行きはしんどかったですが、帰りは降りが多く爽快でした。
そして、山は登るより降りる方が足に負担がくる・・・ようですよ(T ^ T)

posted by がね〜しゃ at 12:36| Comment(0) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

東京の都心部へ〜クロスバイク日誌32)

DSC_2558.jpg
■皇居から東京駅方面を眺める。高層ビルが立ち並んでます。

3連休初日の空は残念ながら曇りがち・・・。
スポーツの秋ですので、相棒トレッくんと東京近辺を爽快に走ろうと思っていたのにテンションだだ下がりです゚(゚´Д`゚)゚

天気が良ければ青梅方面に向かおうと思っていたのですが、せっかくなので東京のど真ん中を走ろうと皇居に向けて出発しました。
都心部は最高JR高円寺駅近辺まで走ったことがありますが、それ以降は未経験部分。
JRの高架を目印に西荻窪まで走ります。

DSC_2543.jpg
■JRは現在高架付近を整備中のよう。真っ直ぐに走る道が一部開通していて非常に気持ちが良いです。

DSC_2544.jpg
■西荻窪駅。個性的なお店が結構ありまして、散策すると楽しい場所です。

青梅街道にでて荻窪駅を通過し、そのまま地下鉄丸ノ内線沿いをひた走ります。
このあたり、車道は車の勢いが強いので、ロードでない私はのんびり歩道を走りました( ̄▽ ̄)
途中、ロードバイカーさんたちがすうっと走っていく姿を見ると羨ましくなると同時に、怖くないのかなぁ〜と思ったり。
一部、自転車が走れるようになっている区間もあるようですが、所々駐停車しているトラックなどがいて車道も思い切りは走れないようです。

DSC_2546.jpg
■中野坂上あたりから新宿の巨大なビル群が見えてきたりします。

DSC_2548.jpg
■神田川。私の中のイメージは昭和( ´▽`)

DSC_2550.jpg
■新宿。珍妙なまゆ形のビルがモード学園コクーンタワー。スタイリッシュ。

青梅街道は都心に向かってなだらかに降りが続いた道だったようで、比較的楽に新宿までたどり着けました(^-^)
しかし、新宿の風景は驚かされます。
本当にビルだらけ。
中野坂上から新宿に至る間には、昔ながらの路地がちょいちょいと残っていたりもしていたので、開発も駅中心のようではありますが、それでも巨大高層ビル群に向かって走っていると、なんだか違う県に入ったようでもありました。

DSC_2553.jpg

DSC_2555.jpg

DSC_2557.jpg

歌舞伎町を通過して靖国通りからようやく皇居外堀へ。
そういえば、東京マラソン(10キロ)に出場したとき、この道を走っていました(^_^;)
皇居周辺は朝からランニングをする人でいっぱいです(゜ロ゜)
大手門前付近では観光できている人もいっぱい。
しばらく緑多い皇居の眺めとビルが並ぶ大手町、丸の内、有楽町方面の眺めを比べて疲れを癒しました。

DSC_2561.jpg
■虎ノ門に新たにできる森ビル。なんとビルを貫通した道ができるのだそうです。

DSC_2565.jpg
■赤坂の首相官邸。

霞が関の官庁街を横目に赤坂、溜池を通過して帰りました。
都心部の雰囲気と土地勘を養った?半日でした。
今度はもう少しいろんな場所をのんびり走りたいです。



しかし、赤坂のホテルニューオータニ周辺は異常なほど警察官が立っていて、警備が物々しかったのですが何かあったんですかね・・・(^_^;)

posted by がね〜しゃ at 22:23| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

東京の滝_檜原村〜クロスバイク日誌31)

DSC_2452.jpg
■秋の玉川上水。しかしいつも木々、草木が生い茂っているなぁ。

3連休の二日目。
土曜日の早起き失敗の反省から、日曜日はしっかり早起きできました(^-^)
奥多摩方面に向かいたかったので色々調べてみると、檜原村に中山の滝というのがあるそうな。
檜原村は、以前行った戸倉神社のさらに奥に入ったところ。
これは山登りの練習としても良いのでは!といざ出陣です。

DSC_2453.jpg

DSC_2455.jpg

DSC_2456.jpg

DSC_2457.jpg

基本は五日市街道をずっと走ればJR武蔵五日市駅にたどり着くので迷わずいけるようです。
しかし、五日市街道は道路の幅員が狭く、走る車もトラックが多かったりするので意外にこわい・・・(ToT)
可能な限り玉川上水の車があまり走らない側の道に沿って走ります。

日曜日の朝は土曜日と比べてかなり冷えていました。
これから冬へ向かうと足先が冷えるので何か対策を練らねば・・・。

モノレール砂川七番駅を通過し、立川を通り過ぎて福生へ。
途中、阿豆佐味天神社が同じ通りに2つあり驚く。
阿豆佐味天神社は瑞穂町の多摩湖南川にあるのが総本山で関東には結構あるのだそうです。
立川・小平の神社は、新田開発の時に勧請されたものとのことです。
ちなみに総本山の歴史は平安時代まで遡れます(゜ロ゜)

福生の横田基地・拝島駅を抜けると多摩川が見えてきます。
橋からはそっと富士山の頂上が見えてました。
もう少し寒くなるとはっきりと見えるんですけどね。

DSC_2459.jpg

DSC_2461.jpg
■面白い形の橋だったので撮ってみました。既に山に囲まれた道。

多摩川を超えて睦橋通りをひたすら西へ行きJR武蔵五日市駅へ到着。
この日はリュックをしょった行列が奥多摩方面へ向かっていました。
ロードバイカーさんたちの集団も桧原街道へ向かっています。
同じようにバイカーさんたちもいて、重低音な爆音を響かせていました。
いろんな人たちがこの武蔵五日市を起点に山へ向かっていて面白い( ̄ー ̄)

DSC_2463.jpg

DSC_2464.jpg

DSC_2465.jpg

DSC_2466.jpg

DSC_2467.jpg


戸倉までは歩道も整備されていましたが、戸倉からの桧原街道はまさに自動車道。
心細くなりながら登り道をへいこらペダルを漕ぐ。
周囲は森で、途中木に覆われて暗くなるところもあったり。
バイカーさんがどんどん追い抜いていきます。

秋川渓谷瀬音の湯という温泉に向かうバスも何台も通過していて、しかもそのバスは常に満員。
朝早いのにみんな温泉?と思いましたが、秋川渓谷を歩く人達をたくさん乗せているんでしょうね。

登り降りを繰り返し、なんとか中山の滝へ到着。
既にパンパンな足を引きずりながら、整備された道を降りていく・・・。
中山の滝は、滝というほど水が落ちるものではなかったのですが、水量がありまた勢いがあったので、とても力強いものでした。

下まで降りて顔を洗ったら、なんとも冷たい川の水(´▽`)キモチイイ
時期なのか、通年なのか、秋川の水は豊富でした。
そして何より綺麗。
透明さが半端ない!(^-^)

暫く、東京にある滝を眺めて帰りました。



しまった!
もうちょっと行けば秋川渓谷だった・・・(´Д`)アウッ


posted by がね〜しゃ at 08:27| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

久しぶりの多摩湖へ〜クロスバイク日誌30)

DSC_2418.jpg

土曜日朝起きたら9時を過ぎていました(>_<)ギャフン
3連休は朝早く起きてトレッくんと思いきりツーリングを楽しもうと思ったのに、初日からつまずいてしまいました。
遠出が難しくなったので、久しぶりに多摩湖へ向かってみました。

10月に入ったのに各地で猛暑となっており、東京もこの日は汗ばむ気候。
結構暑いです。
でも、空は澄んだ青空で秋の雰囲気。
なんか最近の気候はよくわかりません・・・。

玉川上水から五日市街道を進み、小川町から北上。
新青梅街道から残堀川沿いの多摩湖自転車道に入りました。

DSC_2421.jpg

DSC_2422.jpg

久しぶりの多摩湖。
空が広く心が洗われるようで、この場所は大好きです。
クロスバイクを買った当時はこの場所へ来るのにも一苦労だったのですが、今ではお散歩気分で来ることができる・・・そんな自分に驚きです(゚o゚;

おそらく江の島や羽田、川越などに行ったことによる長距離耐性ができたのでは・・・(^_^;)

帰りは多摩湖自転車道を使って小平経由で小金井まで帰りました。
途中、小平ふるさと村という場所を発見。

小平は国分寺や小金井と同じように玉川上水の恩恵を受けて発展した土地です。
江戸時代の開発期の街並みや風景を後世に残す目的でこのふるさと村があるのだそうです。

五日市街道沿いは一瞬タイムスリップして昭和・大正時代に戻った?なんて思われる場所も点在していますが・・・(^_^;)

DSC_2431.jpg
■水車。近くでは手作りうどんのお店がありました。

DSC_2439.jpg
■懐かしい風景。かかし。

DSC_2441.jpg
■小平移住した人達の初期の家だそうです。


懐かしい雰囲気を味わい12時少し過ぎて帰宅。
ちょうど良いツーリングだったよのぅ〜なんて思っていたのですが、一週間の仕事の疲れがどっとでたようで帰ってからは午後半日爆睡でした(>_<)アアッ

長距離耐性なんて言ってましたが、しっかり疲れてました。



正直、疲れました・・・(;´ρ`)
約28`走行。
posted by がね〜しゃ at 14:36| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

江の島100`超え〜クロスバイク日誌29)

DSC_2105.jpg

8月の土日は引越し作業で追われなかなか自転車に乗れない・・・。
引っ越しが終わり荷解きがまだまだ残っていたとある一日に、我慢できず相棒トレッくんにまたがり長距離走行を敢行しました( ̄ー ̄)
目的は江の島。
走行距離往復およそ100`。

実はクロスバイクを購入してすぐに、いつかは鎌倉・江ノ島へ・・・なんて思っていたので、意外と入念に地図で行き方を調べていたりしました(^-^)
是政橋から稲城市に入って丘陵地帯を超え、小田急小田原線沿いを伝って厚木街道に入り、そのまま南下して江ノ島へ向かうルート。

DSC_2109.jpg

早朝5時に起きてそそくさと準備。
天気予報はくもり時々晴れだったのでまぁ大丈夫だろうと思っていた雨は40分ほど走った矢野口あたりで急に灰色の雲に覆われて雨・・・(´д`)

DSC_2112.jpg

多摩の丘陵地帯を超えるには京王よみうりランドが近くにある、初心者用の山道(?)のような道を走るつもりだったので、今日は辞めようか・・・と軟弱な精神が顔を出す。
ここで辞めたらまた次はいつになるだろうか・・・と思ったとき、あのフレーズが頭の中で浮かびました。

「いつやるの?」
「いまでしょ!」( ̄▽ ̄)

結局、ひいこら無心でペダルをこぐこぐ。

DSC_2115.jpg

多摩川沿いにある稲城市は梨で有名です。
夏から秋にかかるこの時期はあちこちで梨の直売所が朝から開いています。
桃→メロンの次に好きな梨を買って行きたいところでしたが、荷物が重くなるので断念(>_<)

DSC_2118.jpg

DSC_2122.jpg

DSC_2123.jpg

結構雨が強くなり、暫く雨宿りしていたのですが、なかなかやまない(T_T)
それでも雲の切れ目が見えてきて、雨も弱まってきたので走り出す。
急激な登り坂に入り、ヘアピンカーブも初経験(´д`)
側道も整備されている道でなかったこともあり、かなり恐怖を感じました。
途中、ムカデが這っているのを見て自然豊かなことを知る(^_^;)
坂の辛さで足がプルプルしてきたところで京王よみうりランドの観覧車が見えてきてようやく坂終了(*´ω`*)

DSC_2124.jpg

つらい登り坂のあとはご褒美の下り坂なのですが、雨が降っていることもありスピードをだして坂を降りるのが怖く、のろのろとマイペースで走りました・・・(´・_・`)
下りきったところで多摩地域にとどまる私には見慣れぬ電車。
ようやく小田急小田原線にぶつかりました!(*´ω`*)ホッ
鶴川街道を鶴川駅前までなだらかな下り坂を力を入れずに走る。

DSC_2128.jpg

DSC_2131.jpg

鶴川駅前から南下するのですが、途中TBS緑山スタジオを発見!
名前は聞いたことがあったのですが、こんなところにあったのか〜。
しかし、なんと交通に不便な場所にあるんじゃろか?と思ったけど、よくよく考えたらこんなところで働く人たちはそれなりのお給金をもらって、車で通勤するんでしょうな(^_^;)

気になったのがこのあたりの地名です。
「奈良」北団地入口や「奈良」町と奈良という言葉が・・・。
緑山は「三輪」緑山で、奈良県桜井市にある地名。
昔から都筑郡奈良村という地名だったそうですが、三輪という言葉が使われていたりかなり意図的な気がします・・・。

DSC_2134.jpg

その後、登り降りを繰り返し、8時30分頃長津田駅にようやく到着。
是政橋で6時前だったのでかれこれ3時間弱走ってきたのか(o´Д`)=з
この日はかなり蒸し暑い日だったこともあり、給水はしっかりしていました。
ほんと暑かった(´;ω;`)

そしてようやく目標の厚木街道に入りました。
なんかよくわからないですが、神奈川の川崎と東京の町田を交互に繰り返し通過していたようです。
一体ここはどこなのか・・・悩む気力も少しずつ失っていく中、あとは、厚木街道から藤沢街道へ移行してそのまま直下するだけ。

暑さの中、途中休憩することなくぶっ続けで走り続けていたこともあり、このあたりでかなり疲労がたまっている自分に気がつく・・・(;´ρ`)

しまったなぁ・・・えらいことしてしまったなぁ・・・帰れるか・・・昼から相方と銀行行って住所変更の手続きするって言ってたけど・・・などと頭の中がマイナスイメージでいっぱいの中、とある標識を発見。

DSC_2138.jpg


「江の島」!!!


この言葉を見ただけで突如湧き上がる元気(  ̄▽ ̄)

DSC_2139.jpg

しかも「湘南」まで!!


DSC_2142.jpg

DSC_2144.jpg

義経の首洗い井戸などもあり、気分はもう観光客モード( ̄▽ ̄)
鎌倉に近い場所についたことを実感できます。

そして、10時18分。
約4時間、相棒トレッくんとひたすら走った結果・・・


DSC_2147.jpg

DSC_2148.jpg

DSC_2151.jpg

DSC_2152.jpg

江の島へ到着しました(≧∇≦)

しかし、目的の生しらす丼をやっているお店を探すも、到着が早すぎてやっていない(T_T)
観光地は11時から開くのですね・・・。
仕方がないので、江の島近辺を自転車でフラフラ。
江ノ電江の島駅の近くの夫婦でやっていらっしゃるお店で生しらす定食を食べる(´▽`)

ぷりぷりとした食感にほんのり塩味がご飯に合う。
疲れた体に染み渡るようでした。
あぁ、もう江の島の人になりたい。
帰りたくない・・・。

ですが、この後4時間かけて我が住処の多摩地域へ帰りました。
帰りは熱中症にならないように、ひたすら自動販売機でスポーツ飲料を買っていたという記憶以外、あまりない・・・です(´;ω;`)

多摩川の流れが見えてきたとき、私は生きて帰ったと涙が溢れそうになりました(あながち嘘ではありません。)。
総行程118`。





自転車屋さんには50`までは走れるよ〜と言われていたトレッくん。
2倍以上お付き合いいただきました。
ほんと、パンクしなくてよかった・・・。

ちなみに銀行には間に合わず、相方にチクチクと言われてしまいました(。・ ω<)ゞテヘッ

DSC_2155.jpg

江の島のお店の前の猫「ほんとご苦労なことで・・・」




posted by がね〜しゃ at 09:38| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

東八→甲州街道→調布飛行場へ〜クロスバイク日誌28)

DSC_1724.jpg
■夏の野川公園。梅雨明けした東京はじめっとしていて夏草もどこかしめっぽい感じ・・・。

毎日暑いです(;´Д`A
東京は梅雨入りしてから急激に気温が上昇し、沖縄より暑い日が続きます・・・(T_T)ナニユエ
何より湿気がすごく、汗が乾かないので体温が下がりにくい。
熱中症には何より気をつけなければなりません。

ただ、世の自転車マン達はこの暑さの中でも汗をかき、水分を補給しながら走っているのを見かけます。
なぜ、この暑い中を走るのか・・・という問いは愚問。
走りたいから走るわけです( ̄▽ ̄)
ということで、13日は、お天道様が登りきる前に走ろうと朝早く起きて、相棒トレッくんと旅にでました。

今回は多摩地域を東西に走る「東八道路」を行けるところまで行ってみよう!という企画で走りました。



府中から調布、三鷹を通過する大きな道路の東八道路は少しずつ改修が進んでいるようで、途中、自転車道も整備され始めています。
ロードバイカーも多く、朝早い時間ながら何名かものすごいスピードで車道を走っている・・・。

つい数年前は、クロスバイクではなくママチャリでこの当たりを走っていた私ですが、数年経つと街道沿いの風景は少しずつ変わっていくようで、何回か入ったことがあるコンビニが潰れていたりしていました・・・(´・_・`)

DSC_1726.jpg
■コンビニも潰れる時代になりました・・・。

DSC_1727.jpg
■インパクトのある看板(*´▽`*) 

東八道路は三鷹市牟礼というところまで走っているようで、ここで大通りは終わり。
狭い道になっていたこともあり、南下して甲州街道から府中へ帰りました。
甲州街道は江戸から甲斐の国へつながっていた五街道の一つ。

ここは自動車の通行量も激しく、何より歩道が狭いので自転車では非常に難儀な道路。
安全運転でのんびりのんびり下っていき、味の素スタジアムが見えてきたあたりで、ふと思い立って調布飛行場に寄ってみました。
調布飛行場は今年初日の出を見に出かけた場所です。

DSC_1728.jpg
■給田。そのまま「きゅうでん」と読みます。由来は荘園制のあった時代に遡ると言われていますが、具体的なことはわからないそう。

DSC_1738.jpg
■調布飛行場。周囲に高い建物がないので広々として気持ちがよい場所です。奥の円形の建物は味の素スタジアムです。

調布飛行場からは大島や新島などへ直行しているんだそうです。
プロペラ機が何台か止まっており、私がのんびり飛行場を眺めていた間は離陸をみることはできませんでしたが、周りに高い建物がないこともあり、とても気持ちよく空を眺めることができました( ´ ▽ ` )

暑い時には無理をせずのんびり走りつつ汗をかき、たるんだお腹を引き締めるべく、今年の夏を過ごそうと思っております( ̄ー ̄)

皆様も熱中症にはお気を付けを・・・。
posted by がね〜しゃ at 12:00| Comment(0) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

狭山神社巡り〜クロスバイク日誌27)

DSC_1828.jpg
■阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)。関東武士の祖とも言われる高望王創建と言われてます。

ここのところなかなか愛車「トレッくん」とツーリングをすることができず・・・。
クロスバイク日誌の更新も5月19日から1か月止まっていました(@_@;)

日曜日の多摩地域の天気は、曇り空でイマイチではありましたが、雨は降りそうになかったので久しぶりに狭山方面まで走ってみました。
目的地は西多摩地域にある古社「阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)」。

名前に惹かれていたので、この機会に行ってみました。


■多摩湖、狭山湖の南側にある丘陵地に神社はあります。


DSC_1789.jpg
■まずは八幡神社。おおもとは大分県宇佐八幡宮。

DSC_1797.jpg
■かつて境内にあった御神木の根。枯れてしまったため根を残したのだそうです。

DSC_1799.jpg
■熊野神社。

DSC_1802.jpg
■力石。村の力自慢が力試しをした石だそうです。大121`中96`小75`。小を持ってみましたが重い!

DSC_1805.jpg
■東京都有形文化財の豊鹿島神社。由緒には707年創建。本殿建築は都内で最も古いとか。

DSC_1807.jpg
■御神木は2本。本殿の前にあります。

DSC_1826.jpg

奥に見えるのが狭山丘陵。
今回は狭山丘陵南側を奥多摩街道沿いに走っていきました。
丘陵の北側は石器時代の遺構がたくさんあり、この当たり一体は古くから人が暮らしていました。

湧水もこんこんと出ていたそうで、この地域は当時の人達にとって重要な場所だったのでしょう。

DSC_1832.jpg

奥多摩街道をのんびりと走り、国分寺市から1時間半くらいで目的地の阿豆佐味天神社に到着。
路面が若干濡れており、ついさっきまで雨が降っていたようでした。

DSC_1834.jpg
■重厚な本殿。

DSC_1835.jpg
■他の神社に比べて扉がとてもしっかり作られていました。

関東の武士といえば平将門が有名ですが、その「平氏」の祖となる平高望という人が創建したそう。
延喜式という平安時代の資料にも阿豆佐味天神社の名前が掲載されているので、少なくとも平安時代から鎮座していたことになります。

そんな古くから人々を見守ってくれる神社はこれからも大事に大事に守っていきたいものです。
交通安全と世界の平和を祈ってのんびり家に帰りました(^-^)



posted by がね〜しゃ at 23:07| Comment(0) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

いざ荒川へ〜クロスバイク日誌26)

DSC_1471.jpg
■出発は5時40分ころ。この時間は薄曇り。

最近週末になると天気が悪くなるヽ(`Д´)ノ
土日やGWも用事が重なったりして4月は結局、1回しかトレッくんでの自転車旅に出れませんでした。
12日は天気もまぁまぁで、かねてから考えていた荒川まで行ってみました。

荒川へ向かう道は一番単純に、府中街道→志木街道を使って北へ進んでみる・・・。
志木街道とは東京都東村山市から埼玉県に繋がり、東京都清瀬市をぶち抜いて走る道。
道が狭い部分もありますが、全体的には綺麗に整備されつつありなかなか走りやすかったです。
何よりこの道、所々に蔵や神社、道案内の石碑など歴史に触れられる場所がそこかしこに残っています。

DSC_1483.jpg
■安徳天皇を祭神とする水天宮。創建年代は不詳とのこと。お隣には日枝神社がありました。

DSC_1482.jpg
■三猿の石灯籠。元は参道に一対あったものだそうですが、保存するため日枝神社の境内に置かれていました。

DSC_1489.jpg
■埼玉県志木市に入るとカッパが・・・。志木にはカッパ伝説が多数残っているとのこと。

DSC_1490.jpg
■道案内の石碑と後ろは重要文化財の建物。

DSC_1508.jpg
■志木は江戸時代に最新の用水路技術を使って農業用水をこの地に引いてきたのだそうです。

DSC_1509.jpg
■志木市役所。この時間になると快晴になり暑くなってきました(;´Д`A

DSC_1517.jpg
■新河岸川。隅田川の支流の一つ。川越藩主松平信綱により、改修工事が行われた歴史ある川だそうで。


約2時間弱の自転車の旅で、ようやく荒川に到着。
荒川は多摩川と違った雰囲気のある重厚な川ですな〜(゜ロ゜)
なんと、田んぼがあったり、ゴルフ場があったりと新鮮な驚きでゆっくり川沿いを走る・・・。
川沿いの道も幅が広いので、走っていてとても爽快でした。

ゴール地点と定めていたのは、新河岸川と荒川の合流付近にある氷川神社。
大宮にある総本山の氷川神社は武蔵国一宮で延喜式にも記載されている非常に古くて権威のある神社ですが、こちらの神社はその末社。
氷川神社は元は水神を祭ったとされているそうで、荒川周辺に多いのもなんとなくうなずけます。
治水技術が発達する以前は、大雨で荒れ狂う川を畏怖し祭ったのでしょうか。

神社前では猫がゴールを祝ってくれました(´▽`)


DSC_1521.jpg

DSC_1520.jpg
■田んぼもあったりするんですね。大雨の時大丈夫なんやろか・・・。

DSC_1524.jpg
■ゴルフコース。朝早いのにかなりの人で賑わっていました。

DSC_1527.jpg
■ゴールの氷川神社です。小さな小さな神社でした。

DSC_1526.jpg
■ゴール前にいた猫。こちらを恐ることなくスローな動きでした。


この時期意外に紫外線が強いようで、帰ったら手と顔が思い切り日焼けしておりました・・・(>_<)
紫外線対策は重要だ・・・


DSC_1532.jpg
■帰りにシャトレーゼでシュークリームを食べる。甘さが体に染み渡る・・・



往復60.9km。久しぶりの60キロ超えでした。


posted by がね〜しゃ at 00:42| Comment(0) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

多摩川沿いの桜とふる〜い神社〜クロスバイク日誌25)

DSC_1132.jpg
■多摩川沿いの桜。後ろに見えるは是政橋。

ついこの間までは大雪が降って・・・なんて言っていたような気がしましたが、東京は桜の開花が本格化。
国分寺市の桜ももう少しで満開になりそうです。

この時期、愛車のクロスバイク「トレッくん」で走る服装もちょっと着込めば汗が滲むようになりました。
暖かくなって、冬の間は休んでいたロードバイカーさんたちは、冬眠から覚めたかのように早朝からあちこちで見かけます。

いつものように国分寺から南下して府中方面に向かい、是政橋から多摩川を眺める。
冬の間は綺麗に見ることができた富士山は、最近はガスってうっすら見える程度(>_<)
寒さにそんなに弱くない私は、自転車は冬の時期こそ楽しめるのではないか・・・と思い始めています。

DSC_1147.jpg
■延喜式内郷社 大麻止乃豆乃天神社 今で言うとスピリチュアルな雰囲気漂う?

最近はもっぱら遠出ではなく、多摩地域で目的地を定めて走っている私。
今日は、多摩地域に古くからあるとされる神社「大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのてんじんしゃ)」を目的地に定めてその周辺をくるくる回ってきました。


■多摩川右岸にある丘陵地帯にあります。実はこのあたり、中性には見張り台程度ですが、お城があったそうな。

この舌を噛みそうな大麻止乃豆乃天神社は、「延喜式」という平安時代の当時の法令集の中にある神社一覧「延喜式神名帳」の中に記載されていると言われている神社。(※ただし諸説あり)
で、もしこの神社が「延喜式神名帳」に記載された神社であれば、延喜式の完成時点(927年)には確実に存在
していることになるのですよ(@_@;) 
日本の神社って凄い!

DSC_1156.jpg
■灯篭。土台に「東京府新吉原五十間通 平松屋 ?主 文吉」と書いてありました。

DSC_1165.jpg
■結構急な階段を登って社殿に到着。

神社の前にある説明版には、
・祭神は、櫛真知命
・境内には津島神社、白山神社、神明神社、稲荷神社、秋葉神社を祀っている
・祭礼は、天王様祭礼が7月中旬、風祭が9月1日、秋の祭礼が10月初旬に行われる。
・江戸期の資料には「丸宮社」という記載がみえる。
とあります。

櫛真知命はクシマチノミコトと言って卜占の神とされているのだそうな。
延喜式神名帳に記載のある「天香山坐櫛真命神社」(天香山神社)の祭神は「櫛真命(くしまちのみことのかみ)」で「大麻等乃知神」とも言われる・・・。
そんなことから、畿内の神社・古代史との繋がりも言われているようで、なかなか興味深い( ̄▽ ̄)

DSC_1176.jpg

大麻止乃豆乃天神社の社殿を振り返ると木々の切れ間から都心の遠景を見ることができます。
神社の歴史って、その土地の地域史に繋がっていて最近はまっております。
もう少し突っ込んで調べてみたいです(^-^)

posted by がね〜しゃ at 13:26| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

迷って野川沿いを伝って帰る〜クロスバイク日誌24)

DSC_0915.jpg
■早朝の多摩川。清々しくて気持ちよい! 大声で歌っているおじさんがいました(^∇^)

土曜日の朝は快晴( ̄▽ ̄)
先週は山側を走ったので、今回は久しぶりに多摩川沿いをくだってみました。
早朝の多摩川サイクリングロードは人が少なく快適(´▽`)
寒いからですかねぇ。

この日は風が強く、くだっている時は追い風だったので、かなり楽々野川との合流地点二子玉川まできてしまいました。
一時間ちょっと。
クロスバイクを乗り始めた頃は二子玉川まで来るのに大冒険だったような気がしていたのですが、慣れたものです(*´ω`*)

DSC_0923.jpg
■東急田園都市線「二子玉川」駅。野川との合流地点です。

二子玉川まで来たあと、野川を上って帰ろうかとも思いましたが、ちょっくら北上してみようか・・・と思ったのが運の尽き。
東京のバリバリ23区の世田谷区は古くからの住宅街でもあり、道がくねくねしています。
これは、道に迷うパターン(T_T)

地図で調べていても、走っているうちに自分が想定している道と違う場所にいたり・・・。
世田谷区おそるべし・・・。
それでも、城マニアになりつつある私にとっては、運良く世田谷城址公園を見つけたりして喜んだりしてました。

DSC_0926.jpg
■馬事公苑。JRAが運営する馬事普及の拠点だそうな。都会の真ん中に馬がいる!

DSC_0929.jpg
■世田谷城址公園。南北朝時代に足利氏の同族「吉良氏」が築城したといわれたお城。

DSC_0935.jpg
■堀も残っています。

DSC_0940.jpg
■東急世田谷線と京王線が交わる「下高井戸」駅。なんと、近くの線路でトラックが立ち往生してしばらく電車が止まっていた・・・

迷い迷いながらも、たどり着いた大通りは甲州街道ヽ(;▽;)ノ
甲州街道は東京都心から府中・八王子に続く大きな道で、以前相方を引き連れて歩いたことがあるので、これで迷うことなく家路につける・・・。

さらにその後、目的の野川にぶつかり、国分寺まで帰ることができました。

DSC_0946.jpg
■国分寺市内から湧き出し多摩川にそそぐ野川。これで家に帰れる・・・

DSC_0944.jpg
■かもがのんびり泳いでいました。カメラマンさん達が多数。



約50`ほどを半日かけて走行・・・。
もう少し道を覚えますかね〜。

■欲しいものリスト:スマホ用固定器具。
 靴下購入!それでもこの日は寒かった・・・(ToT)


posted by がね〜しゃ at 21:08| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

滝山城を攻めてみました〜クロスバイク日誌23 )

DSC_0769.jpg
■多摩川に集まる鳥たち。サギ?

癌を克服してツールドフランス7連覇の偉業を達成しつつも、薬物使用の疑いでその栄光を剥奪されていたランス・アームストロング氏が、これまで使用を否定していたのを一転、自身の汚点を認めました(;゚Д゚)!
私のトレッくんも、アームストロング氏の考案したデザインでございました・・・。
非常に残念なニュースですが、彼が行ってきた社会的な運動(ガン撲滅運動)までも、汚すものではないと思っています。

そんなトレッくんと八王子にある滝山城趾公園に行ってきました。
公園とついていますが、ほぼ城郭遺構!

戦国時代の大名北条氏康の三男、北条氏照が整備し、かの武田信玄ですら落とすことができなかった名城です。
平山城で、丘陵地形を見事に活用し、本丸までの道のりは迷路のようで、かつ曲がりくねった道や険しい坂は、まさしく守るによしの作りを実感できます。

DSC_0788.jpg
■入口は狭く、たくさんの兵が一斉にはいれないようになり、かつ結構急な坂・・・。

DSC_0810.jpg
■コの字型土橋。両側は堀になっています。敵の直進を防ぐ形になっており、側面攻撃しやすくなっています。

DSC_0817.jpg
■かつて崖下は水がはられていて、弁天池と言われていたそうです。

DSC_0828.jpg
■中の丸。本丸一歩手前です。広い!

DSC_0832.jpg
■中の丸から多摩川・昭島方面の眺め。非常に景色がよく、敵の状況などよくわかったのでしょうな〜。

DSC_0833.jpg
■中の丸と本丸をつなぐ引橋。この引き橋は・・・

DSC_0861.jpg
■こんな高さになってます・・・((((;゚Д゚))))

DSC_0846.jpg
■曲輪へ突入する際の重要施設「虎口」。攻める側が最も厳しい状況にさらされる場所です。

DSC_0848.jpg
■ようやく本丸へ突入!

DSC_0849.jpg

DSC_0829.jpg
■まるで迷路。守る側は城内部を縦横無尽に行動したのでしょうが、攻める側は迷ったでしょうな〜。

所々にある案内板と目の前の遺構を見ながら、当時の合戦の様子を想像してみると、なんだかタイムスリップしたようです。
しかし、これだけ完璧に城の遺構が残っているのも驚きです。
中の丸や本丸からの多摩・昭島方面の眺めはまさしく絶景( ̄▽ ̄)!

この滝山城は、後に戦略上の観点から廃城となり、八王子城が築城されることになります。
城好きでなくても感動して、北条氏の築城技術の素晴らしさも実感できるすばらしい公園でした!



■欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下(と靴)、スマホ用固定器具。
 簡易スタンドは相方に駄々こねてアマゾンで購入!今週末には届きますです!
posted by がね〜しゃ at 23:36| Comment(4) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

津久井城も攻めてみました〜クロスバイク日誌22)

DSC_0331.jpg
■津久井湖。ちなみに城山ダムによりできた人造湖です。

多摩湖、狭山湖と湖を中心にせっせとツーリングする私。
青空の下に広がる湖を見ると心が晴れやかになるというか、癒されるというかと、とても安寧な気持ちにさせてくれます(^-^)
グーグルマップで目的地を探す際には、やはり目立つ湖をついつい見てしまいます( ´ ▽ ` )
多摩方面でいいところはないかなぁ〜と探していると・・・ありました「津久井湖」!

川崎街道から奇妙な名称の野猿街道を通っていざ神奈川県へ!
この辺りは道も広く車通りも少なかったのでとても気持ちがよい・・・のですが、残念ながらこの日は昨日の雨が少し残っていたようで、路面も若干雨でぬれている場所もあり、何より曇り空(´;ω;`)
寒い・・・

DSC_0336.jpg
■津久井湖記念館脇に置かれた使われていないスワン達。さみしそう。

DSC_0349.jpg
■城山ダム ダム上が道路になっているので通過可能。でも正直少し怖かった・・・。

DSC_0360.jpg
■この時期、水量豊富です。


曇り空とダムの取り合わせにより気分が下がってしまった自分がいる・・・(´Д⊂
気を取り直して津久井湖観光センターに入ってみると、手作りプリンやらパンやらを見つけ、テンション一気に上がる(  ̄▽ ̄)
相方へ手作りプリンをお土産に購入し、観光センターをプラプラしてみると、なんとすぐ脇の山は古城跡地なのだとか!

○津久井城
・築城は、鎌倉時代三浦半島一帯に勢力を誇っていた三浦氏一族の津久井氏と伝えられる
・北方に武蔵国、西方に甲斐国に接する相模国西北郡に位置し、交通の要衝地で軍事上重要な城だった
・現在残っている遺構は16世紀北条氏が整備したもの

石神井城を攻めた勢いで津久井城攻めを敢行!
しかし、ここは山城。
城責めは思った以上に大変でございました(;´Д`A

DSC_0363.jpg
■江川ひのき 樹齢120年だそうな。

DSC_0365.jpg
■路面はもちろんぬれていて、かつ、道がこのように狭い。ここで、上から石を転がされたら・・・

DSC_0368.jpg
■太鼓曲輪 尾根伝いに作られた曲輪。曲輪とは防御陣地・建造物を建てる敷地・兵の駐屯施設として区画された場所だそうな。他に兵がいないか当たりを見回す・・・

DSC_0370.jpg
■堀切 攻めてくる敵を防ぐため、尾根を逆台形に大きく彫り込んだ部分。平時は木橋がかけられているが、今はない・・・。堀切の両側は急な斜面となっているので、落ちたら間違いなく・・・{{(>_<)}}

DSC_0373.jpg
■土蔵跡 食料など貯めていたのでしょうね。

DSC_0375.jpg
■土蔵跡からの関東平野一帯の眺め。これには感動しました!天気さえよければっ!!!(><)

DSC_0390.jpg
■本城曲輪 ようやく城の中心部分へ!

DSC_0389.jpg
■土塁上に記念碑が建てられていました。

湖周辺はかなり寒かったのですが、かなりハードな山登りとなり、しっかりと汗をかきました。
斜面は急、路面はぬれていて、落ち葉などで滑るこの山道。
怖かったですが、城の遺構もしっかり残っているし、眺望が素晴らしい!
大満足でした。



帰りはヘロヘロでしたが、コンビニで買っていたチョコバーが役に立ちました。56.8km。

■欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下(と靴)、スマホ用固定器具。
posted by がね〜しゃ at 10:06| Comment(3) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

狭山湖の富士山〜クロスバイク日誌21)

DSC_0292.jpg

DSC_0295.jpg

DSC_0296.jpg


最近、週末(土曜日)になると天気が悪くなる気がします(`・ω・´)
週末チャリダーとしては、土曜日も日曜日もしっかりクロスバイクに乗りたいところ。
曇でも基本走りますが、どうせなら青い空の下で、多摩一帯の風景を眺めながら走りたい(^^;)

先週の日曜日の早朝はこれ以上ないすっきりとした快晴。
それほど寒くはないものの、空中に漂う不純物もすっかり濾過されたように遠くまで見通せる空( ̄▽ ̄)
こういう場合はやはり富士山をしっかり見たい!ということで、狭山湖まで走ってきました。

■狭山湖の南が多摩湖。

狭山湖は正式には山口貯水池といい、なんと人口の湖。
東京の人口増加を背景に、7年の歳月をかけて多摩川の水を引いて作ったのだそうです。
なんとも壮大な代物ですが、東京という都市を維持するのにいかに強大な力が必要かというのを実感します。

湖岸には多摩湖と同じで公園が整備され眺めは抜群(^-^)
既に富士山のてっぺんが背伸びをして顔を出してくれていたのですが、どうせならもっと大きく見たい!
絶好の富士ビューポイントを探すコツは、「カメラを持った人がたくさんいる場所を探す」に限ります( ̄ー ̄)
公園の北側にカメラマンたちが陣取っているのを見つけ、カメラが捉える方向を眺めると・・・
狭山湖の小波もない真っ青な湖面と淡い青空の中間に、真っ白で荘厳な富士山が見えました(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

しばらく呼吸を忘れるくらいじっと見つめてしまいました( ´ ▽ ` )

DSC_0281.jpg
■途中通りかかった小さな神社「玉湖神社(たまのうみじんじゃ)」

DSC_0283.jpg
■ひっそりとした神社を見守る狛犬

DSC_0285.jpg
■礎石があるので社殿があったのか・・・?

帰って、いろいろ調べてみると「玉湖神社」の社殿は東日本大震災の影響で柱に亀裂が入り、取り壊してしまったそうです。
竣工は昭和9年とのことで比較的新しい神社ですが、水道局が所有することに問題ありとされたのか、建物だけを残して誰もいない神社となっているようです。

まったく知らなかったんですが、狭山湖の近くにはトトロの森があるのだそう(゜ロ゜)オオッ
次は狭山でトトロを探すツーリングをしますかね。



狭山は密かに心霊スポットでもあるそうな((((;゚Д゚))))

■欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下(と靴)、スマホ用固定器具。
posted by がね〜しゃ at 08:45| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

石神井公園・石神井城址〜クロスバイク日誌20)

DSC_0301.jpg
■千川上水 一時期は六義園の池水などとしても利用されていたのだそうです。

東京から西側(多摩地域)の制圧ばかりで東側が手薄だったので、日曜日のツーリングは北東方面を検討。
グーグルマップでめぼしい場所を探していると「石神井公園」の中に「石神井城」なる文字が( ̄▽ ̄)
(ちなみに「石神井」と書いて「しゃくじい」と読む東京23区練馬区内にある難読地域。)

興味を惹かれて、今回は石神井城攻めとする( *`ω´)



この石神井公園にたどり着くためには結構しっかりと道筋を頭に叩き込んでおかないとまずそう。
途中、西東京市ではあらゆる街道が重なり合うし、石神井公園は目安になりそうな富士街道と旧早稲田通りの間にある(つд⊂)
ひとまず史上最強の武器「スマホ」を手に入れているので、なんとかなるだろうと安易な気持ちで出発( ̄▽ ̄)

小平方面に向かい西武線花小金井駅方面で多摩湖自転車道にぶつかり、武蔵野大学・千川上水へ到着。
武蔵野大学では大学試験だったようですが、まだ早い時間だったので静かでした。
千川上水は玉川上水を分水した水路で、当初は小石川白山御殿、湯島聖堂、上野寛永寺、浅草寺への給水を主な目的としていたのだそうです。

千川上水を右手に見ながら相変わらずのマイペースで走行( ´ ▽ ` )
ところがこのあと道に迷うっ!!(/ω\)
しっかりスマホのグーグルマップを見ればよかったのに、旧早稲田通りに気づかずそのまま富士街道を直進!
しかも、そのまま直進しても右折すれば到着するにもかかわらず、何を思ったか左折!

西武池袋線大泉学園駅まで突き進みようやく間違ったことに気づくという・・・(*_*)
しかも、そのまま戻って旧早稲田通りにぶつかるはずが、これも気づかず新青梅街道に到着(@_@。
大回りしてようやく到着いたしましたヽ(;▽;)ノ

DSC_0311.jpg
■三宝寺池 石神井川の水源の一つ。武蔵野台地の湧水が池になっていますが、今は地下水が少なくなり汲み上げて補給しているのだそうです。

DSC_0314.jpg
■元気なカモくん。自然を残した公園なので野鳥が多い。しかも、公園に来る人も野鳥に優しいので、鳥たちものんびりしているようです。

DSC_0318.jpg
■三宝寺池 石神井城址側を望む

DSC_0321.jpg
■沼沢として自然のまま残されています。素晴らしい望遠レンズのカメラを持ったカメラマンがいっぱいいました( ´ ▽ ` )

目的の石神井城址は三宝寺池脇にひっそりとありました。

石神井城址の概要♪
・中世平城の一つ
・中世武士の豊島(としま)氏(秩父流平氏)の城
・江戸城主の上杉定正の重臣太田道灌に攻められ落城し、道灌によって廃城(当時の城主豊島泰経)

小高い丘があるのでランニング、散歩をする人ががいっぱいいました。
残念ながら中心内郭部は入ることができませんでしたが、土塁部分は見ることができました。
三宝寺池には厳島神社もあり、参拝して帰りました。

DSC_0334.jpg
■石神井城址部分です。

DSC_0337.jpg

DSC_0342.jpg
■紅葉も見事でした

DSC_0343.jpg
■厳島神社 

DSC_0346.jpg
■神社脇からの三宝寺池の眺め

DSC_0351.jpg
■カモくんは足が冷たそうでした

DSC_0358.jpg


関東には古城跡がひっそりと残っているようで、いろいろ調べてツーリングの目的地にするのも面白いな( ̄▽ ̄)
天気がよくてとても気持ちの良いツーリングになりました。



迷うのも楽しいもんですな(^^;ハハッ
約36`。帰りは玉川上水沿いをこれまたマイペースで走行しました。

■欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下(と靴)、スマホ用固定器具。
posted by がね〜しゃ at 23:00| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

高幡不動〜クロスバイク日誌19)

DSC_0271.jpg

いよいよ12月に入り忘年会シーズン突入!
金曜日の夜は当然のように飲み会が入っています。
お酒は嫌いではないが大変弱い私は、金曜日に飲み会があるのは普段ならありがたいのですが、今年は少し別・・・。

早朝ツーリングが好きな私には、夜までお酒を飲むことは翌朝起きることができなくなる可能性が高くなる・・・と思っていたら、よほど体が自転車に乗りたかったのか、ばっちり6時に目が覚める( ̄▽ ̄)
相方には呆れられておりましたが( ̄▽ ̄;)

今回は川崎街道を西に進み高幡不動尊を目的地に定めてツーリング。
高幡不動尊は正式には「高幡山明王院金剛寺」というそうで、日野市を流れる浅川が多摩川につながろうとする場所にある真言宗のお寺。

平安時代に清和天皇の勅願により不動堂を建てたことに始まる歴史あるお寺です。
(諸説あるようですが。)

毎度お馴染み是政橋から川崎街道に入り、じりじりと続く登り道をがまんがまんで走ると体がようやく温まってきます。(ついこの前までは、この道をちょっと走ると汗がたらたらしていたのに。)
丘陵地帯を超えると途中から京王線と並行して走ることになり、ジブリ映画「耳をすませば」のロケ地「聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)」、百草園(もぐさえん)というなかなか渋い駅名を通過します。

百草園駅前には私と相方が贔屓にしているステーキレストラン「フォルクス」があります。
何故贔屓にしているというと、サラダ、スープ、パンが食べ放題( ̄▽ ̄)!
しかもお店で焼いているパンは、ほんのり甘くて柔らかく美味しいのですよ( ̄ー ̄)

ところが、お店のあったところに差し掛かってもフォルクスの看板がない??(@_@。
店内を見てみるとやっぱり閉店してる・・・(;゚Д゚)!
まぁ、チェーン店なので別のところに行けばよいのですが、ちょっとショックでした・・・。
悲しみを振り切るようにしばらく走ると、青空に真っ赤な高幡不動の五重塔が見えてくる。

IMAG0367.JPG
■仁王門(重要文化財)。楼上には立派な「高幡山」の文字。

IMAG0368.JPG
■仁王門の金剛力士像(吽形)。怖い。

DSC_0270.jpg
■日野ということで土方歳三(現在日野市石田生まれ)の像。

IMAG0371.JPG
■旗掛けの松と五重塔。 奥州征伐に向かう途中、源頼義が戦勝を祈願した際軍旗を立てた由来から。

IMAG0375.JPG
■五分権現社 源頼義の八幡社勧請から稲荷、丹生、高野、青龍権現を合祀して五分権現と呼ばれるようになったそう。

IMAG0381.JPG
■境内奥は不動ヶ丘という丘陵地帯になっており、昔は高幡城という城が築かれていたそう。

IMAG0379.JPG
■不動ヶ丘から五重塔を眺める。不動ヶ丘はまだ紅葉が綺麗でした。

IMAG0386.JPG
■きりりとしたお地蔵さん。

IMAG0391.JPG
■頂上から多摩一帯を眺める。


30`ちょっとのツーリングで浅川、多摩サイをマイペースに走って帰りました。
稲城向陽台のコメダ珈琲店に寄ってモーニング食べて帰ろうと思ったのに、満員で待ちが出てました(´Д`)
結局、空腹のまま帰宅。 無念・・・。



ちなみに、この日の夕食は新宿のフォルクスというオチでした( ´ ▽ ` )

■欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下、スマホ用固定器具。
 冬用カーゴパンツを買って、腰から下は冷えないようになりました〜(^ω^)
posted by がね〜しゃ at 21:57| Comment(3) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

小金井市周回〜クロスバイク日誌18)

IMAG0378.JPG
■秋っぽい雰囲気になった野川。もう木々の葉が落ちていたりします。

11月も中旬に入りまさに紅葉の季節!!
ということで奥多摩方面へ攻め入ろうと考えていましたが、土曜日早朝の東京の朝は雲が広がって今にも雨が降りそう・・・(T ^ T)

ウェザーニュースで天気予報を調べてみると、昼前くらいから雨が降るようです。
仕方がないので、小金井周辺を回ってみました。

IMAG0384.JPG
■名勝小金井桜。残念ながら今は秋なので、さくらのさの字もさいていません(^_^;)

国分寺は野川からハケの道を北上し、玉川上水へ。
玉川上水沿いは片側は車の通りが多いですが、もう片側はそうでもなかったりするので、自転車にとってはかなり良い道だったりします。

小金井桜は小金井橋を中心に、6キロに渡り、奈良県の吉野山と茨城県桜川から桜の苗種を取り寄せたものを植えたとのこと。
この地に桜を植えることを実行したのは、多摩川中流域の新田開発に尽力した川崎平右衛門定孝です。
川崎平右衛門がこの地に桜を植えたのは、根がはることによって玉川上水の堤防の強化を図った、花びらが玉川上水の消毒になるから、新田に賑わいをもたらすため・・・などの理由が考えられているそうな。

江戸時代、この小金井桜は武蔵野八景のうちの一つとして有名な場所となったんだそうです。

IMAG0389.JPG
■小金井公園。ウォーキング、ランニング、犬の散歩などで、早朝にも関わらず人は多いです。

IMAG0390.JPG
■多摩湖自転車道。多摩湖方面でなく、三鷹方面(都心方面)に行くのは初めてです。

広い小金井公園を突っ切って、小平方面に向かい、多摩湖自転車道をゆるりと走って約20キロ。
じんわり汗をかくくらいのゆるい走りでした。

う〜ん、これくらいだと物足りないと感じるようになったのは、自転車中毒になりかかっているということかなぁ( ´ ▽ ` )

帰り際に雨がポツポツ。
ほんとは多摩湖自転車道からさらに西東京方面に行こうかと思いましたが、早めに切り上げてよかった( ̄▽ ̄)




21.1キロのゆる〜い走行。
手ぶくろつけ忘れて、手が寒かった・・・。

欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下。
posted by がね〜しゃ at 14:36| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

尾根幹線で町田まで〜クロスバイク日誌17)

IMAG0367.JPG

土曜日の東京は、雲一つない秋空で風も少なく絶好の自転車日和( ̄▽ ̄)
前日は飲み会だったのですが、土曜日のためにお酒をセーブしていたこともあり、爽快な目覚めです。

天気が良い日は富士山が見たくなるので、前回走った道の近くに「尾根幹線」を走ってみることにしました。
「尾根幹線」とは、稲城市の矢野口から町田街道にぶつかるまで走る道だそうで、多摩丘陵を走るのでアップダウンも適度にあり、自転車人に有名なのだそうな。

IMAG0362.JPG

矢野口あたりのコンビニには、ロードバイカーさん達がたくさん集まってます( ´ ▽ ` )
多分、それらしい道をしばらく進むと尾根幹線とわかる標識が掲げられていました( ̄▽ ̄)マチガイナカッタ!

多摩丘陵地帯を走るのでやはり登りは地味にキツイ(´Д`)
でも降りになると気持ち良い!
さらに、自然もしっかり残る多摩一帯の眺めは相変わらず素晴らしく気持ち良い!

IMAG0368.JPG
■名古屋の百メートル道路みたいです。

IMAG0370.JPG
■多摩市総合福祉センター。渋かったのでつい撮影。

IMAG0376.JPG
■見事な貯水塔?

IMAG0377.JPG

2時間程走り続けてようやく神奈川県との境になる町田市(東京都)が見えてきました(*´▽`*)
グーグルマップで見てみると、町田の辺りは丘陵地で囲まれるようにして、東は東京、西は山梨、南は神奈川とつながっており、昔も今も交通の要所として重要な場所だったのがわかるような気がします。

帰りは多摩ニュータウン通りをひたすらに走り、3時間程のツーリングを楽しめました。

IMAG0381.JPG
■毎度お馴染み是政橋からの富士山の眺め。



今回は毎回登り続けた川崎街道を降ってみました〜。地味に長く続く降りは快適〜(*´▽`*)

欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下
posted by がね〜しゃ at 20:41| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

多摩丘陵から富士山を眺める〜クロスバイク日誌16)

P1010177.JPG
■是政橋からの富士山

夜の星空が綺麗な明け方はきっと富士山が綺麗に見えるはず( *`ω´)!
と思い、多摩地域で富士山を綺麗に見ることができる場所を中心に走ってみようと画策。

国分寺の近辺でも熊野神社(※)から綺麗に富士山を見ることができたりするので、結構あちこちでみることはできますが、どうせなら高いところから多摩一帯を望みながら見ようと考え、前回走った桜ヶ丘公園のあたりをもう一度走ることにしました。

■※熊野神社

是政橋から向陽台方面に南へ突っ走ると早速ヒルクライム気分を味わうことができたりしますが、かなりハードな上り坂なので、軟弱な自転車乗りの私は帰りの降りを楽しむことにする( ̄▽ ̄;)
川崎街道を日野方面(西)に向かって走り、徐々に登る勾配をひた走ります。

地図で調べてみると、かなり広い丘陵地帯には、川崎街道をはさんでゴルフ場が二つあったりするようです。
ひとつは「桜ヶ丘カントリークラブ」で、もう一つはなんと「米軍多摩ゴルフ場タマヒルズゴルフコース」(@_@;)
そういえば前回走ったときに、外国の方々を乗せたバスが何台か入っていったようだったな・・・。
ゴルフをやらない私にはよくわかりませんが、おそらく米軍関係の方しか予約がとれないのでしょうか(。-_-。)


■なんと、米軍多摩ゴルフ場タマヒルズゴルフコースの南にもうひとつゴルフ場があるんですな(^_^;)

川崎街道をゆるゆると登り、桜ヶ丘公園までひたすら登る・・・(´Д`)
日々の仕事上の苦労やストレス、相方との果てしなき小遣い闘争、逆ギレする若者、無くならない犯罪・・・そんなことを一瞬でも考えず、ひたすら今目の前にある坂道を乗り切るために、無我夢中でペダルを踏む・・・。
この時間、私は嫌いではありませんヽ(´▽`)/

一旦降って、またひたすら登り。
ようやく登りきるあたりに多摩大学多摩キャンパスが見えてきますヽ(;▽;)ノ

P1010178.JPG
■多摩大学の手前で。

多摩市一帯の素晴らしい眺めを前に、地獄的苦痛も一瞬にして吹き飛ぶものです・・・。
もう少し丘陵地帯を走ると今回の目的地としていた「みはらし緑地」へ。
ここからは稲城市方面の整備された住宅街(若葉台地域)を望むことができました。

P1010180.JPG
■みはらし緑地。小さな公園みたいになっています。大きなすべり台があり、子どもたちが喜びそう。

P1010182.JPG
■若葉台一帯。丘陵地帯にこれだけの建物・・・人間ってすごい。

P1010184.JPG
■雲一つない青空に月が残る。

みはらし緑地からさらに少し行くと天王橋という橋があり、そこから富士山が!
残念ながら電線が目立ってしまうので、決して最高な眺めではないかもしれません。
が、坂を登りきり、苦しみから解放された時にみる富士山はまた格別・・・と言っておきましょう(*^_^*)

P1010187.JPG
■天王橋からの富士山


先ほど写真を撮った稲城の若葉台を走り、向陽台から一気に降って是政橋に戻る。
是政橋からの富士山がやはり今のところ一番かなぁと思っていたら、同じような自転車乗りのお兄さんが橋にへばりついて写真を撮っていました。
1時間半ほど前の自分を見ているようでした・・・( ̄▽ ̄)


■約20キロを1時間半程かけてのんびり走行。20キロじゃ物足りないなぁなんて思うようになりました。

欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての靴下 
 ※手ぶくろは購入しました〜!あと、長袖のウェアも購入しました〜! 
posted by がね〜しゃ at 20:03| Comment(2) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

多摩川河口へ〜クロスバイク日誌15)

IMAG0361.JPG
■早朝の多摩川。

多摩サイ。
多摩川沿いに走る「多摩川サイクリングロード」の略称ということを、最近色んな先輩自転車ツーリストのブログさんを巡回させていただくようになり、その名称を知りました( ̄▽ ̄)

多摩サイには上流方面、羽咋の羽村堤下公園まではこの夏一度行ったので、今度は降って多摩川河口まで行くことにしました。

毎度の是政橋から多摩川左岸を降っていきます(^∇^)

IMAG0365.JPG
■東京湾方面に進むことになります。高層ビル郡がなんか幻想的。

IMAG0367.JPG
■我が家の近くに源流がある野川と合流する地点「二子玉川」のとある公園にいた猫。挨拶しときました。

IMAG0373.JPG
■振り返って神奈川方面のビル群。奇抜で面白い。河川敷にはあちこちで野球をしていました。


二子玉川まで到着すると土手沿いのサイクリングロードが工事中となっているようで、一般道を走ります。
これが結構狭くて怖い(´Д`)
気合を入れてペダルを漕いで、車に迷惑をかけないように必死に走る(T ^ T)
田園調布という「田園」なのに高級感凄まじい街を通過し、蒲田、六郷土手に到着すると対岸は川崎。
河口まではもうすぐです。

IMAG0377.JPG
■大師橋。東京と神奈川をつなぐ橋で、神奈川方面には有名な関東三本山の一つ「川崎大師」があります。

IMAG0379.JPG
■河口に近づくと屋形船が・・・。一度は乗ってみたいです。

IMAG0387.JPG
■ゴール地点(?) の旧穴守稲荷の大鳥居。すぐそこは羽田空港です。鳥居はあっても神社はありません。

6時前に家を出て8時半に、ゴールの旧穴守稲荷の大鳥居にようやく到着(*´ω`*)
約2時間半、写真を撮るために止まる以外は、休憩らしい休憩をせず(o´Д`)=з
この先も道が続いていたのでしばらく走ってみましたが、羽田空港トンネルが現れ、さすがにこれに入る勇気はなく引き返しました。

IMAG0388.JPG
■かもめ 府中近辺と河口ではたむろする鳥たちが違うので鳴き声も違いました。

IMAG0395.JPG
■東京湾に続く多摩川河口。やっぱり広い!

IMAG0393.JPG
■羽田空港へ降り立つ飛行機。

IMAG0401.JPG
■干潟になってるところがあり、潮干狩りしてる人達がいました。写真では分かりづらいですが(>_<)

鳥居まで帰ってきて、すぐそばの堤防にトレッくんを置いて、買っておいたブラックサンダーチョコを食べてエネルギー補給( ̄▽ ̄)
(ちなみにこのチョコ、袋に「若い女性に大人気」とありますが、本当なんでしょうか。)

東京湾に近づいてくると、屋形船や釣り船があちこちで見かけるので海が近いことを実感できます。
飛行機が数分ごとに羽田空港へ着陸する姿を見ることができるので、しばらく堤防沿いで休憩。

IMAG0396.JPG
■トレッくんも多摩川を見ながら休憩。


帰りは神奈川県川(多摩川右岸)から帰ることにしましたが、途中舗装されていない道などが続き断念。
川崎街道を使って府中まで帰ろうかともしましたが、結局途中から多摩川サイクリングロードに戻りました。
帰ってルートを調べてみると、80`超え!!(@_@;)
どうりで足がプルプルしてたわけです。

家に帰り着いたのはちょうど12時。
昼から爆睡したのは言うまでもない(^^;



2662 kcal /生ビール中ジョッキ 13.6 杯分消費っ!!
帰りに名古屋人で知らない人はいない「コメダ珈琲」が府中にあることを知り、シロノワール(パンにソフトクリームをのせたもの)と珈琲でエネルギー補給しました。
疲れた時は甘いものに限る( ̄ー ̄)ニヤリ

欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての手ぶくろ、靴下 



posted by がね〜しゃ at 12:21| Comment(5) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

埼玉入間(サイボクハムへ)〜クロスバイク日誌14)

IMAG0376.JPG
■株式会社埼玉種畜牧場(さいたましゅちくぼくじょう)通称サイボクハム。朝からすごい人でした。

オリオン座流星群がピークらしいです。
普段なら深夜まで意地で起きて星をみる私ですが、今回は即寝。
理由は早朝からクロスバイクに乗りたいからです( ̄▽ ̄)

めざす場所は埼玉入間にある「サイボクハム」。

最近、ツーリングの目的地を探すためにいろんなHPをみていますが、「公園へ行こう」というHPに・・・

『サイボクハムは、敷地内に加工工場を持って豚肉や手作りのハム・ソーセージを直売し、更にパークゴルフ場や温泉施設までを備えた、総合リゾート施設なのです。』

とあり、距離も程よく決定した次第。
ハム・ソーセージ・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

IMAG0369.JPG

IMAG0364.JPG
■かすかに、かすかに富士山が真ん中あたりに見えますでしょうか・・・。

埼玉入間へは、多摩湖を通過し所沢入間バイパスを経由して向かいました。
多摩湖へはほぼ1か月ぶり。
今回は早朝から家を出たので、多摩湖に到着したときはまだ太陽が顔を出したばかりでした。
多摩の早朝の街並みを眺め振り返ると富士山が・・・(゜ロ゜)
ちょっと霞んでいましたが綺麗に見えました。

IMAG0371.JPG

狭山市に入るとお茶畑があちこちで見かけるようになります。
狭山はお茶(狭山茶)で有名。
ちなみに狭山は、室町時代、京都や奈良に次ぐ地方茶産地として有名だったとのこと!
珈琲に比べお茶をあまり飲まないので知りませんでした・・・m(_ _)m

IMAG0378.JPG

IMAG0380.JPG
■園内には鯉もいました。きょ、巨大・・・(゚д゚lll)ハムクッテルカラカ

前回の川越行きの時は前日に地図をしっかり確認していたんですが、今回はうろ覚えだったことがもろに影響し、行く道に悩みに悩む(T ^ T)
地図持ってましたが、「でか字マップ多摩」!
埼玉載ってるわけないし(^^;;

なんとか目当ての圏央道(高速道路)にぶつかり、8時少し過ぎにようやく目的地サイボクハムに到着(´∀`)
お店は9時頃から開くそうなので、ベンチに座って休憩。

IMAG0382.JPG
■サイボクハムのサイボクは、「埼玉」と「牧場」の略なのかな。

IMAG0387.JPG
■大きなソーセージを挟んだホットドックと珈琲です。ソーセージはかめばかむほど旨みが口に広がります( ̄▽ ̄) 

IMAG0383.JPG
■相方用お土産。 相方はレバー好きなので(^ω^)


9時前には次から次へと車や自転車で人が集まってきます。
園内にはソーセージだけでなく、野菜やお米もあり、さながらスーパーのよう(゜ロ゜)
大量に買っていくおばちゃんだけでなく、近所でバーベキューをやるための食品調達する家族連れもいました。

ホットドックを食べて一息つき、相方用にスモークレバーとベーコンを購入。
本当は温泉も入りたかったのですが、ゆっくりしすぎると帰るのが昼過ぎになるので、しばらく休憩して退散しました。

次は温泉だな〜( ̄ー ̄)
少々疲れましたが、ツーリングを満喫いたしました。



59.7`走行 1951 kca消費(生ビール中ジョッキ10杯分消費!)
温泉も良さそうでした〜。

欲しいものリスト:簡易スタンド、冬に向けての手ぶくろ 
posted by がね〜しゃ at 14:55| Comment(3) | クロスバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。