2013年06月19日

名曲喫茶でんえんで一休み


■でんえん。開発進む国分寺駅周辺の中で時が止まったかのよう。

国分寺駅北口開発が加速度的に進んでいく中で、私のお気に入りの喫茶店だったァミー珈琲店が閉店してしまいました。

勉強したり新聞や雑誌を読んだりと休日や仕事帰りにふらりと寄れるとても貴重な喫茶店でした。

国分寺には他にも趣のある喫茶店がまだ残っておりこの機会にまた新しいお気に入りの喫茶店を開拓していこうと思っています。

国分寺駅北口歩いて数分の所にある名曲喫茶でんえんは、ァミー珈琲店以上に昭和を感じさせてくれると同時に、時間を気にせずのんびりできる空気が漂っています。

有名作家さんや漫画家さんなども通ったと言われる名店ですが、若い学生さんなどもお客さんの中には見ることができ、敷居は全く高くなく、ふらりとよることができる・・・。

こういった喫茶店が末永く残っていけるように、喫茶店好きとしては応援していきたいです。







スマホから投稿してみました。
posted by がね〜しゃ at 23:03| Comment(0) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

戸倉神社

IMAG0357.JPG
■戸倉神社

【御祭神】
八千矛神 
(スサノオの息子とされる「大国主」の別名)
【由緒】
享保十四年戸倉新田が開発されたとき、此の里の鎮守として、現在の西多摩郡五日市町(※)戸倉の三島神社を勧請、山王大権現として鎮座。明治二年に戸倉神社と改称した。
※西多摩郡は、秋川市と五日市町が合併し、現在はあきる野市となっています。

戸倉新田は本多新田開墾の5年後に開発されています。

今ある戸倉神社は、西多摩郡五日市町戸倉の三島神社が元とのこと。
多摩川誌の年表によると享保14年(1729年)に、「戸倉新田開拓に戸倉村の郷左ヱ門と桧原村野孫兵ヱ他3名が第1陣として移住する。」とあります。
おそらく、移住した人達は、自分たちの心の拠り所を三島神社に求めたのでしょう。


IMAG0359.JPG



地図をもう少し北に動かしてみると、玉川上水があるのがわかります。



三島神社は国分寺市から結構離れたあきる野市にあります。


posted by がね〜しゃ at 08:49| Comment(0) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

西国分寺の駅ナカ誕生!〜『nonowa』

SBSH1728.JPG
■小さな西国分寺駅に噴水ができました〜!

西国分寺の駅ナカ「nonowa」(ののわ)が今日オープンしました〜!
武蔵野線との乗換駅にもかかわらず大したお店もなかった(失礼!)西国分寺駅でしたが、一気に色んなお店が入り、初日の今日は凄い人でした!

IMG_0240.JPG

IMG_0237.JPG
■雑貨、本屋、ケーキ屋、花屋、パン屋、ドーナツ・・・と、いろいろ出来ました。

IMG_0238.JPG

IMG_0251.JPG
■駅を出るとシュークリーム専門店 ビアードパパができてます。並んでます(;´д`)

IMG_0252.JPG
■駅外にあるロッテリアも負けじと店内改装。今日、お披露目でした。これもありがたい!

SBSH1724.JPG
■改装前です。武蔵野線乗換え部分を改装して2階部分に店舗を入れています。

SBSH1723.JPG

SBSH1714.JPG
■こちらも改装前。東京行きホームにははなまるうどんとミスタードーナツが。

商業施設の概要を見てみると・・・

「nonowa」(ののわ)の由来は、「武蔵野のわ『輪・和』になりたい」という願いを込めて名付けたとのこと。

中央線沿線は、高架化も進み、次々と駅が綺麗になっています。
今後は荻窪駅なども開発されるとか。
HPには、中央ラインモール構想と銘打ち高架化による地域の繋がりを強め、中央線沿線の価値を向上するという大きな目的があるとのこと。

JRの不動産事業の勢いはすごいなぁと感心させられます。

しばらくはいろいろと楽しめそうです。
posted by がね〜しゃ at 23:15| Comment(0) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

本多八幡神社

IMAG0347.JPG
■本多八幡神社

クロスバイクで国分寺市を周回した時に撮った写真です。
ちょろちょろと自分の暮らしている街の歴史を切り貼りしていこうかと思っています。
(このブログも散策した記録をするのが当初の目的でしたし・・・(>_<))

国分寺市は聖武天皇が741年に発した「国分寺建立の詔」によりできた「武蔵国分寺」が有名ですが、その国分寺も鎌倉時代末期の分倍河原の戦い(新田義貞VS鎌倉幕府)で焼失してしまったそうです。
その後、この地域の歴史が大きく動くのは、江戸時代の徳川八代将軍吉宗の新田開発奨励時でしょうか。

この時、現国分寺一帯は新田開発ラッシュがおこったようで、本多新田、内藤新田、戸倉新田などは現在も地名として残っています。
本多八幡神社は、この時の里の鎮守として建てられたとのことです。

本多八幡神社由緒
当本多八幡神社は享保九年(1724年)本多新田が開発されたとき此の里の鎮守として同十九年(1734年)祥応寺の恢門道頂和尚を当時の里人十六名によって山城国男山八幡神社(石清水八幡宮)を勧請。
翌原文元年九月十五日、創建させられたものと伝えられる。
祭祀は別当職祥応寺により司祭されていたが明治維新神仏分離令により現宮司の祖星野神職の家に受継がれ尊祟益々厚く栄え今日に至る。
その間明治十八年に不慮の出火で社殿焼失その後、約十年の歳月をかけて再建されたが既に老朽化したので昭和四十九年五月二十日神社本庁の改築の承認を得て、総経費六仟万円氏子崇教者1,100余戸の浄財により建坪二十三、四坪鉄筋コンクリート八幡造りで昭和五十年二月竣工したものである。
 平成元年十二月三十一日


「祥応寺」」は、禅宗の一派である黄檗宗を宗派とするお寺。(木魚のはじまりはこの黄檗宗からなのだそうです。)
「祥応寺」は、もともと西国分寺駅から歩いて7分程のところにある国分尼寺の近くにあり、これを移転しています。
本多の新田開発の中心に「祥応寺」をうつし、この「本多八幡神社」とあわせて、本多一帯の心の支えにしたのでしょう。

残念ながら社殿は昔からあるものではないのですな。

現在の本多は、JR国分寺駅北側に位置しているので田んぼはほぼ無く、住宅街となっています。
毎年9月には本多八幡神社の例大祭が行われていますので、国分寺市民にとっては今も変わらず氏神さまなのですね。


posted by がね〜しゃ at 20:00| Comment(0) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

黒鐘公園の桜

P1000699.JPG

今日は近所の中学校で入学式があるようで、真新しい制服を着た学生が親と一緒に緊張した顔つきで学校に向かっています。
少し肌寒いですが、青々とした空と薄桃色の桜、少し枯れかけていますが菜の花の黄色など色彩豊かな春らしさを感じることができます。

都内の桜は満開宣言があったようですが、国分寺はまだ8分咲きといったところ。
近所にある黒鐘公園の桜も綺麗に咲きだしました。

P1000702.JPG

P1000706.JPG

P1000707.JPG

実は今日は、弟の結婚式。
まぁ、いい時期を選んだこと。
お互いの親族だけが集まる小さな小さな結婚式ですが、この一日から広く大きなつながりが生まれるといいなぁ。
喧嘩ばかりしてきて、今も仲がいいとは言えない間柄ですが (^^; 、今日はおめでとうと言わせていただきましょうかねぇ〜(#^.^#)





posted by がね〜しゃ at 09:07| Comment(3) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

内藤神社の梅

SBSH1268.JPG
■国分寺は日吉町にある「内藤神社」前の梅

毎週末になると天気が悪くなり、散歩大好き人間にとっては恨めしい週末となっています。
そろそろあちこちに梅が咲き出しており、あちこちで開催される梅まつりに足を運びたいと思っていたのに(T_T)

朝起きると雨はやんでいたので、そろっと国分寺市内を歩いてみました。

国分寺市は、JR中央線国分寺駅を中心に南側府中方面に向かって発展し、北側小平市方面へは、閑静な住宅街が続きます。
この国分寺北辺は、江戸時代に新田開発が盛んに行われたそうで、内藤新田、戸倉新田など現在の地名としても残っています。

田んぼには水が重要ですが、玉川上水の開発により、水がひかれたようで、その遺構を残していたりします。

写真の内藤神社は、内藤新田の氏神様だったのでしょうか。
梅の香りがほんのりしたと思ったら、白梅が咲いていました。

SBSH1269.JPG
■白梅の方が紅梅よりも早く咲くようです。

SBSH1271.JPG
■境内前

SBSH1272.JPG
■大きな木(御神木?)はシラカシだそうです。


今、飯嶋和一著「神無き月十番目の夜」という本を読んでいます。
江戸幕府成立直後の常陸国(現在の茨城県大子町)小生瀬村で起きた300名以上の村人全員が殺され、村が消滅する「生瀬一揆」を描いた小説です。

内藤新田にも一揆を指導したとして獄死した方の殉難の碑がありました。
埋もれている受難・苦難の歴史がこの国分寺にもあるようです。




posted by がね〜しゃ at 15:28| Comment(0) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

先週の東京国分寺

SBSH1245.JPG

先週東京は雪が降り、国分寺市内も雪が積もりました。
朝少し早く出勤し、近所の様子を見ながら歩いてみました。

水分を多く含んだ雪だったので、歩くとしゃりしゃり音が出る・・・
前回のように、路面がガチガチの氷になって大変というわけではありませんでしたが、それでも人に踏みしめられた部分は硬くなっていて、ツルツル滑っている都会の人たちがいました。(私もですが・・・)

今年の東京の冬は寒い方だとのこと。
多摩川沿いの府中の郷土の森では、毎年この時期梅まつりが開催されていて、今頃はいい香りで満たされているのですが、今年は平年より2週間ほど咲くのが遅れているようです。

春はもうちょっと先のようです。

posted by がね〜しゃ at 09:59| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

西恋ケ窪緑地(エックス山)

P1000494.JPG

西恋ケ窪緑地として、木々が残っている地域が国分寺には結構あります。
この西恋ケ窪緑地は、江戸時代の新田開発とともに作られた雑木林だそうで、ケヤキやクヌギなどの樹木があり、マイナスイオンを放出してくれています。

エックス山というのは、この雑木林一帯を通る小道がX状に交差していたため「エックス山」と呼ばれるようになったのだそう。

P1000495.JPG

階段を登るとこんな感じです。
犬の散歩道になってます。

P1000499.JPG

昭和30年代までは、立派な植林地として活躍していたそうな。

P1000501.JPG

そびえ立つヤマザクラに・・・

P1000504.JPG

こちらはケヤキ。

国分寺に住んで数年経ちますが、ここは初めてきました(^^)




posted by がね〜しゃ at 00:00| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

早朝の伝鎌倉街道

P1000484.JPG

霜が降りる早朝の鎌倉街道です。
今週は東京も朝から0度近い気温が続いているので、月曜日に積もった雪があちこちで残っていたりします。

P1000491.JPG

登れるようになっている鎌倉街道の脇を・・・

P1000490.JPG

残っている雪に足を滑らせないようにして登る。

P1000489.JPG

高台から国分寺や府中一帯を眺めることができます。
今日は、遠くにスカイツリーを見ることができました。



posted by がね〜しゃ at 13:36| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

ぶんバス

SBSH1141.JPG
■ぶんバス。見るだけで初乗車です。前払い100円です。国分寺市内を西国分寺駅から市役所経由でまた駅に帰ってきます。


今日は、人生初の胃カメラを体験しました。
ずっと、食後の膨満感?というか、お腹の張りがひどかったので、相方から再三急かされ、ついに観念。

喉に透明な麻酔液を飲まされ、注射をうたれ、ぼ〜っとなりながら、喉に管を入れられました。
いろんな人から、気持ち悪いよ〜、つらいよ〜と脅されておりましたが、脅されていたとおり、気持ち悪くつらかったので、もうやりたくないです・・・(-_-;)

先生からは、綺麗な胃ですよと言われひとまず安心。
ただ、ポリープが見つかり、再来週の検査結果待ちです。

刺激物はやめてくださいと言われていたので、久しぶりに「のらや」のうどんを食べに行くことに。

そこで、今まで乗ったことのなかった、地域コミュニティーバス「ぶんバス」へのりました。


SBSH1143.JPG

内藤街道を通って日吉町から戸倉、市役所へ。(ローカルな話で申し訳ないです(^^ゞ)
お店は市役所の近くではないのですが、ここから歩いていくことにしました。
ほとんど来ることがない市役所。
というのも、国分寺市のまさしく中心当たりにあり、人の乗り降りの多いJR国分寺駅から少し離れているので、本当に行く目的がないと寄る理由がない・・・


SBSH1155.JPG

のらやは明治初期の古い家を改築して作られたお店です。
関西では結構多く店舗があり、私も大阪にいた時は、職場から近かったこともありよく食べに行ったものです。

SBSH1148.JPG

ぶっかけうどんの美味しさに目覚めさせてくれたお店ですが、そのほかのうどんも個性的なものが多く、迷いに迷いやっぱりぶっかけうどんに・・・。
満足させていただきました。


SBSH1160.JPG

帰りは国分寺市内の雰囲気を味わいながら家まで散策。
国分寺市は中央線沿線や府中に近い所は住宅街が広がりますが、北部はまだまだ畑が広がりのどかな場所です。
なにやら濃い緑の野菜が広がっているので何かと見てみると・・・

SBSH1161.JPG

ブロッコリーでした!

地域バスの楽しさを実感した次第。
府中を走るちゅうバス、小金井市内を走るCoCoバスなども乗ってみようっと。




posted by がね〜しゃ at 01:01| Comment(4) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

朝の鎌倉街道

P1000062.JPG
■伝鎌倉街道。幕府のあった鎌倉に通じていたとされている道です。

相方が購入したデジカメで、朝の鎌倉街道を撮ってみました。

P1000064.JPG
■街道の脇の小高い場所にのぼると、国分寺周辺を眺めることができます。遠くは府中方面です。

P1000065.JPG
■携帯カメラと違って細かいところまで綺麗です。



1枚のファイルの容量が大きいので、なかなかアップロードできないです・・・(@_@;)
さすが・・・
これからもちょくちょく撮ってみます。


posted by がね〜しゃ at 22:08| Comment(0) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

史跡通りのあじさい

史跡 (8).JPG

ばたばたとしていたらあっという間に7月に入ってしまいました。

梅雨明けはまだなので、じめじめとした日が続いていますが、職場はスーパークールビズが導入され、ポロシャツ、サンダル(職場内だけ)OKとなり、夏に向けた対策がとられつつあります。

写真は西国分寺から南へJR武蔵野線沿いに少し歩いたところにある「史跡通り」。
ついこの間まではあじさいが映える時期でしたが、まだ咲いてはいるものの、かれつつあります。

各地で30℃越えが聞かれるようになり、今年の夏は我慢の夏になりそうです。

史跡 (2).JPG

史跡 (4).JPG

史跡 (7).JPG

この道は草木に覆われていて、ひんやりします。

posted by がね〜しゃ at 14:05| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

国分寺音楽祭T-SOUL

SBSH0178.JPG

国分寺周辺で行われる野外音楽祭「T-SOUL」を見てきました。
JR中央線「西国分寺」駅と「国分寺」駅前に、いくつかのステージが作られ音楽やダンスを披露していました。

元々中央線沿線には、音楽、文芸、演劇などが盛んでした。
私が住んでいる国分寺にも、ジャズ喫茶や名曲喫茶がたくさんあり、それを目当てにいろんな文芸人が集まった・・・
小説家村上春樹さんも、国分寺にジャズ喫茶をひらいていたとか。

そんな国分寺市を、ボランティア、自治体、商店会、地域コミュニティが連携して、この野外音楽祭で盛り上げているわけです。


SBSH0180.JPG
■西国分寺のステージ 青空・・・とまではいきませんでしたが、熱気あふれてました。飲食店もでていて煙もあふれてました。私はフィットネス帰りに生ビール・・・(;一_一)


SBSH0181.JPG
■場所は変わって国分寺 昼から国分寺へ。駅前や商店街にある空き地を利用してステージを作ってました。


SBSH0183.JPG
■商店街の途中に、ジャグリングや紙芝居もやってました。


SBSH0187.JPG
■大学通り 国分寺には東京学芸大学や東京経済大学、高校には、このすぐ近くに昔は王貞治、今は斎藤佑樹で有名な早稲田実業があります。


SBSH0189.JPG
■チンドン屋もきてました〜。


こういった手作りのイベントを行えるエネルギーがすごい。
自分の住んでいる地域を誇りに思えるなぁ〜と思うのです。
楽しませていただきました!


posted by がね〜しゃ at 21:30| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

新緑

西国分寺.JPG

朝起きたらとてもいい天気。
5月はすきとおるような青空と草木の緑がとても鮮やかで好きな季節。
朝起きて散歩するのに最高です。

西国分寺駅周辺から歩いてみました。


西国分寺 (16).JPG
■ばらが咲き乱れていました。

西国分寺 (15).JPG

西国分寺 (14).JPG

西国分寺 (11).JPG
■東山道武蔵路です。古代の道路。武蔵の国を突き抜け鎌倉へ続いた道。

西国分寺 (4).JPG
■国分寺ではお囃子が聞こえてきたので見てみると、山車や太鼓がでていました。

西国分寺 (5).JPG

癒されるな〜。
posted by がね〜しゃ at 22:19| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

名曲喫茶でんえん

でんえん.JPG

JR国分寺駅北口にひっそりとある喫茶店「でんえん」。
いつか行ってみたいと思っていたんですが、先週、国分寺駅周辺をふらふらと相方と歩いていて、意を決して突入。
(別にたいして重大な決断をするわけではないですが・・・)

なかなか入りにくかった(敷居が高い?)んですが、クラシックが心地よいとても居心地のいいお店でした。
さすが、歴史があるというか、そこかしこにあるレアアイテム(レジ、ピンクの電話・・・)。

お客さんは私と相方を含めて5人ほどでした。
常連さんがおられたようで、このお店のママさんとおしゃべりをしていました。

いろいろホームページをたどっていくと、漫画家の「さいとうたかを」(ゴルゴ13)などもよく通っていたとのこと。

中央線沿線は、こういった個人経営でかつ歴史のある喫茶店が多いのですが、国立にあった「邪宗門」しかり、オーナーが高齢だったりして、静かにその歴史に幕が引かれていっています。
喫茶店ファンとしてはとても悲しいです。

しかし、30分程度の滞在でしたが、とてもまったりとさせていただきました。
またこよう!



でんえん (2).JPG
posted by がね〜しゃ at 09:39| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

季節外れの雪

SBSH0194.JPG

今朝はあまりの寒さに目が覚め、外を眺めたら雪が!!
昨日の夜からちらほら降っていて、何やら東京都内での4月の雪は41年ぶりだとか。

あまりに珍しいので、早朝散歩を敢行。
国分寺〜西国分寺周辺を歩いてみました。

しかし、寒い。

桜の季節はまだかいのぅ・・・なんて思いたくなります(>_<)
posted by がね〜しゃ at 11:27| Comment(4) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

梅.JPG

先週同様今週も朝早く黒鐘公園(武蔵台公園)まで歩きました。

最近は、花粉が飛散し始めたようで、相方がくしゅんくしゅんいっています。
私も、鼻炎ぎみだったのですが、国分寺に移り住んでからなぜか治ってしまいました。(私の場合ただ鈍感なだけで、まだこれからかもわかりませんが・・・)

日中は強力な風が吹いていましたが、朝はまだとても穏やかで、澄み切った青空。
遠くに富士山が見えないかと高いところまで上がってみましたがやっぱり建物が邪魔でここからは見えませんでした。
残念。

そのあとは国分尼寺を通って鎌倉街道を歩く。
街道沿いの丘に登ると国分寺周辺が一望?できます。


鎌倉.JPG

鎌倉2.JPG


用事があって中央線に乗ったのですが、途中奇麗に富士山が見えました。
富士を見ると、関東に来ているのだなぁ〜と思います。

posted by がね〜しゃ at 19:01| Comment(2) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

黒鐘公園・武蔵台公園

SBSH0134.JPG
マイナスイオンを浴びて癒されたいという安易な思いから、朝の散歩に国分寺と府中にまたがっている武蔵台緑地まで行きました。

国分尼寺のすぐ近くに黒鐘公園があります。
ちょっとした丘を利用したすべり台などもあり、4月には桜の名所として地域の人達が集まるところです。
ここにある丘を登ると、武蔵野の自然に触れられる武蔵台公園となります。
落ち葉を踏みしめ、野鳥の鳴き声を聞きながら歩ける癒しスポットです。

SBSH0130.JPG
■国分尼寺。右奥にはJR武蔵野線が走っています。


SBSH0136.JPG
■黒鐘公園内。丘を利用したすべり台。子どもたちに人気です。


SBSH0137.JPG
■上から撮影。


SBSH0138.JPG
■結構広いです。落ち葉がいっぱい。


SBSH0139.JPG
■「山」・・・?自分は今、山登りに来ているのか・・・


SBSH0140.JPG
■野草もあるそうです。自然のまま残そうとしてるのですね。


SBSH0143.JPG
■鳥の巣。野鳥もいっぱいいます。バードウオッチングには最適。

SBSH0144.JPG
■帰ってきました。


SBSH0145.JPG


SBSH0146.JPG


朝からランニングしている人もいます。
実は歩いたのは初めて。
あちこちに野鳥がいて、なかなか楽しい。
来週も来てそうです。

posted by がね〜しゃ at 21:05| Comment(4) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

国分寺の日本酒

地酒.JPG

先日国分寺駅を買い物していたら、何やら日本酒の試飲をさせてくれるとのこと。
わたしも相方も日本酒好きなので、立ち止まって飲ませてもらいました。

飲んだのは、国分寺「真姿の池」の水で仕込んだ純米ひやおろし「武蔵国分寺」。
一口飲むと、まろやかな甘味が口の中に広がる〜・・・。

おいしいです。

さっそく一本購入。
最近、家に必ず日本酒が常備されているような・・・。


posted by がね〜しゃ at 09:55| Comment(5) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

日立製作所中央研究所・桜

国分寺 (5).JPG
■朝早く目が覚めてしまったので、国分尼寺まで散歩。あいにくの曇りで、朝日と桜とまではいかなかった・・・


毎年楽しみな国分寺の桜。
あんまり有名でないかもしれませんが、ひそかに国分寺は、桜の名所だと思ってます。

国分寺周辺の芝生には、桜が咲き乱れていて、宴会もあちこちで繰り広げられていました。


国分寺 (8).JPG

国分寺 (10).JPG

国分寺 (14).JPG


国分寺 (15).JPG

国分寺 (16).JPG

国分寺 (20).JPG


今日は、国分寺にある日立製作所中央研究所の庭園開放日
年に2回あるうちの一回です。

多摩の自然が生の形で残っている数少ない重要な場所。
相方と話したのですが、きっとこの国分寺周辺は、今ではこんなにマンションや駅が建っているけれど、一昔前は、木々が生い茂る普通の森林だったんですなぁ。


国分寺 (32).JPG

国分寺 (38).JPG

国分寺 (44).JPG

国分寺 (49).JPG

芝生にはたくさんの人が寝転がっておりました。
ピザやスパゲティなども販売されていて、東京ドーム5個分の広さの庭園や残された林の雰囲気を味わいつつ、ゆっくり楽しみました。

次は11月だそうです。

posted by がね〜しゃ at 21:13| Comment(3) | 【国分寺風景】いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。