2010年08月15日

甲州街道【飛田給→府中・大国魂神社@】

甲州街道2 (69).JPG

飛田給駅前でお昼ご飯を食べて、少し涼んでいざ出発。
東府中まで、京王線と現在の甲州街道に挟まれた道を歩きます。

飛田給駅すぐのところに、「飛田給薬師堂」という小さなお堂があり、すぐそばには「行人塚」がありました。
行人塚とは、「行者が生きたまま埋葬され、即身成仏したと伝えられる塚」だそうで、東日本に多いとのこと。


甲州街道2 (67).JPG

昔、子どもの頃見た「湯殿山麓呪い村」という映画が、いやいや生きたまま埋められるという場面があり、夢に見たいやな思い出があります。

この行人塚は、伊達藩士で医師だった「意仙」という人のものだそうです。
彼は薬師如来を礼拝していたそうで、その石仏もここに残っているとのこと。
遠く仙台の地から、この土地に移り、一つの功徳を残していったのですね。




甲州街道2 (71).JPG
しばらく歩くと、府中の看板が・・・。布田五宿を出て次の宿場町府中宿へと歩きます。


甲州街道2 (75).JPG
■素朴な道が続きます。この辺りは蔵を持つ家や、土壁の建物があったりと、昔の雰囲気を少し残していたりします。懐かしい感じ。

甲州街道2 (76).JPG
■お盆前でしたので。



車返団地入口という交差点に来ると、左手に「金剛寺観音院」「神明社」「常夜灯」があります。
常夜灯とは一晩中明りをつけておき、街道の道しるべになるものだそうです。
すぐそばには「下染屋(しもそめや)」の由来が書かれた碑がありました。

現在は白糸台と呼ばれているこの地はかつて「下染屋」という集落だったそうです。税金(租庸「調」)を布で納めていたことから調布とついたといわれているそうですので、この付近一帯で染物がさかんになっていたということでしょうか。


甲州街道2 (82).JPG


甲州街道2 (81).JPG

甲州街道2 (83).JPG


甲州街道2 (85).JPG
■車返団地入口交差点




飛田給→東府中.jpg

posted by がね〜しゃ at 21:31| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

甲州街道【西調布→飛田給】

甲州街道2 (49).JPG

西調布からまた旧甲州街道の比較的歩道が整備された道を歩きます。
甲州街道は、内藤新宿→高井戸宿→布田五宿と続き、調布一帯は布田五宿の中の、国領、下布田、上布田、下石原、上石原と分かれ、それぞれが交代で宿の役割を行っていたそうです。

西調布周辺は、上石原町となっているので、布田五宿の最後になります。


甲州街道2 (50).JPG
■歩いてすぐの所に西光寺というお寺があり、ひときわ目立つ近藤勇の像があります。近藤勇は上石原村出身。


甲州街道2 (51).JPG
■西光寺

甲州街道2 (52).JPG


甲州街道2 (54).JPG
■中央自動車道と交差します。


甲州街道2 (58).JPG
■飛田給駅近くになり、道路が一段と奇麗に。見ると大きなスタジアムが・・・。「味の素スタジアム」は、FC東京のホームスタジアムです。


甲州街道2 (60).JPG
■写真左側に行くと京王線「飛田給」駅。


甲州街道2 (63).JPG


甲州街道2 (65).JPG
■飛田給駅です。めちゃくちゃきれいでびっくりしました。西調布とは大違い・・・。


飛田給駅前でお昼休憩です。
西調布から飛田給まではさほど距離はありませんでした。

ここから、府中へと向かいます。


posted by がね〜しゃ at 09:39| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

甲州街道【調布→西調布】

甲州街道2 (4).JPG
■京王線調布駅前 アフラックの大きなビルが建っています。


ひと足早い夏休みを利用して、甲州街道の調布→府中までを歩きました。
昨年新宿から調布まで、甲州街道を歩いていましたが、その続きです。

調布は今や、ゲゲゲの女房で有名な街。
いたるところに鬼太郎が活躍しておりました。

甲州街道2 (8).JPG

甲州街道2 (9).JPG


ものすごい暑い日々が続いていて、この日も30℃を超える温度。
普通に立っているだけで汗が出てくるので、とにかく日陰をつたって歩き、水分補給を確実にしていきました。


甲州街道2 (7).JPG
■旧甲州街道 ここからスタートです。


甲州街道2 (11).JPG


甲州街道2 (12).JPG

甲州街道2 (15).JPG
■なんとも歴史を感じさせる建物です。

甲州街道2 (24).JPG
■火の見下?


甲州街道2 (27).JPG
■すぐ近くに火の見やぐら。バス停の名前もここからでしょうか。


調布から府中は、昔は多摩川沿いにある村落が集中していたそうです。
また、街道沿いということもあり、宿場町としても発展したいたようです。
ところどころに蔵が残っていたり、昔ながらの土壁の建物が残っていたりしています。
私の田舎も農家なので、むかしのおばあさんの家によく似た雰囲気で妙に懐かしかったりしました。



甲州街道2 (31).JPG
■街道沿いにはお寺や神社がありました。

甲州街道2 (28).JPG

甲州街道2 (32).JPG
■金山彦神社 この土地で江戸時代は鍛冶が盛んに行われていたようです。それを祭ってある神社。

甲州街道2 (33).JPG


甲州街道2 (34).JPG
■現在の甲州街道から流れてくる道と合流。旧甲州街道は、現在の甲州街道とほぼ並走しています。


甲州街道2 (40).JPG

甲州街道2 (42).JPG

甲州街道2 (45).JPG

まずは、京王線「西調布駅」に到着です。
小さな駅で、駅前は、ちょっとした商店街になっていました。




powered by TomiryuMap







posted by がね〜しゃ at 09:06| Comment(3) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

甲州街道【内藤新宿〜調布@】

甲州街道・日本橋から (42).JPG

久しぶりの甲州街道シリーズです。
内藤新宿(現在の新宿)を超えると、次は高井戸宿(現在の杉並区高井戸)をめざします。



高井戸宿は、内藤新宿ができて次第に素通りされるようになってしまったようです。
確かに、江戸中心部まで出るには少し遠い感じ。

東京都庁を右手側にみると、その後は、首都高速と並走する甲州街道。
景色を遮られ少し残念です。

しばらく首都高速とお付き合いすると、明治大学の和泉キャンパスが見えてきます。
ちょうどお昼どきを少し過ぎた頃合いで、午前中歩きづめだった足が少しずつ悲鳴を上げる・・・。


甲州街道・日本橋から (41).JPG
■ドラクエで有名なスクエア・エニックス本社があります。1階はキャラクターグッズを販売していました。すごい人だった・・・。


甲州街道・日本橋から (44).JPG
■大通りに面してひっそりとあった地蔵尊。これは案内板。


甲州街道・日本橋から (45).JPG
■9月のちょうどお祭り時期でしたので、おみこしがあちこちででておりました。


甲州街道・日本橋から (48).JPG
■私が住んでいる国分寺にも「伝鎌倉街道」があります。関東武士たちもこのあたりを通ったのかな。


甲州街道・日本橋から (49).JPG
■上北沢の一里塚説明版。近くには「一里塚」というバス停もあります。


甲州街道・日本橋から (50).JPG
■とりあえず16キロ歩きました。


残念ながら高井戸宿の面影は感じられませんでした。
お腹がすいたので、何かいい店を探しながら、調布をめざします。




posted by がね〜しゃ at 18:06| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

甲州街道【日本橋〜内藤新宿B】

甲州街道・日本橋から (29).JPG

半蔵門からようやく江戸城を離れて西へと向かう甲州街道。
このあたりは麹町というそうですが、江戸時代は、城を守る重要な土地でもあるので、彦根藩井伊家や明石藩松平家などの旗本大名屋敷があったようです。大名屋敷があれば、そこに出入りするお店なども立ち並ぶことになるので、この辺り一帯は、とても賑やかだったのではないでしょうか。
麹町の由来はたくさんあるようで、府中の国府を往来する国府街道という意味の「国府路(こうじ)」に由来する説や、小路が多かったため「小路町(こうじ)」となった説、麹屋が多かったことによる説など。


甲州街道・日本橋から (30).JPG

麹町を進み、中央線「四ツ谷」に到着。
近くには迎賓館、東宮御所、上智大学があります。
駅名には、「ツ」が入るようですが、地図では四谷となってたり。
新宿区のホームページによると・・・

もとは武蔵野の荒野で、現在の四谷四丁目交差点の辺りは左右とも谷でやぶが深く、一筋の道があるだけでした。そして、旅人の休む4軒の茶屋があり、この四つの茶屋が転じて四谷の地名が起こったといわれています。

とのことだそうです。
今じゃまったく荒野の面影はありません。


甲州街道・日本橋から (31).JPG
■四ツ谷駅です。中央線と地下鉄では丸ノ内線、南北線が連結。朝はすごい人。わたしは通勤で必ず通ります。

甲州街道・日本橋から (34).JPG
■四谷消防博物館。江戸時代から現代の消防の歴史がわかるそうです。
残念ながら通過。たくさんの人が入って行きましたよ。

甲州街道・日本橋から (35).JPG
■サンミュージック。アイドルからお笑いまで。のりぴーは好きだったのに・・・。

甲州街道・日本橋から (36).JPG
■奥は新宿御苑です。皇室の庭園として造られ、今は公園として一般市民も入れます。地図で見てもらうとわかると思いますが、とても大きいです。元は大名屋敷(内藤清成)の一部。一部・・・?

甲州街道・日本橋から (37).JPG
■重厚な造りの新宿伊勢丹本館です。近くには三越やマルイなどの百貨店やブランドのお店が並んでいるので人が多い!

甲州街道・日本橋から (39).JPG
■超巨大駅新宿。ありとあらゆる路線がからまる日本最大?の駅。初めて新宿駅を歩いた時は、本気で人酔いしました。


9時頃日本橋をでて、新宿に到着したのは11時。
3時間かかって第一の宿場「内藤新宿」に到着。
新宿というのは、単に「新たな宿場」という意味だそうです。
日本橋から最初の宿場高井戸までの距離が長かったため、新たに作った宿場だったこと、宿場を作った場所が内藤氏が幕府に返上した土地だったことにより、「内藤新宿」といったのだそうな。

ちなみに、甲府街道は、有名な歌舞伎町は通りません。

続く!
posted by がね〜しゃ at 22:56| Comment(3) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

甲州街道【日本橋〜内藤新宿A】

DCF_0216.JPG

ウォーキング当日は、雲ひとつない快晴。
日差しが少し強い程度ですが、涼しげな風が吹いていて、歩くのにちょうどよい天候でした。

大老井伊直弼が殺害された場所で有名な、「桜田門」を通過。
近くに彦根藩邸があったそうで、登城するわずか数十bの間に、水戸藩の浪士達に暗殺されてしまったそうな。

ちなみに、桜田門の前には「警視庁」があるので、「警視庁」=「桜田門」(通称)というそうです。


DCF_0214.JPG
■石垣がつらなります。奇麗に積んであるんですな。攻め込むのには苦労させそう・・・?

DCF_0217.JPG
■赤レンガのレトロな建物は、法曹会館です。

甲州街道・日本橋から (20).JPG
■土手には彼岸花が咲いていました。

甲州街道・日本橋から (21).JPG
■柳の井戸、桜の井戸が昔はあったそうな。

甲州街道・日本橋から (24).JPG
■最高裁判所。日本に一つしかない。

甲州街道・日本橋から (27).JPG
■半蔵門。大手門と反対の位置にあるので、半周したことになるのかな。皇居を守る門なので、警察がいて近づけません。

甲州街道・日本橋から (26).JPG
■半蔵門から桜田門に向けてパチリ。高い建物などあまり見えなくて、都会としてはいい景色。
江戸時代は、幕府にもしものことがあれば、この門から甲州街道を行き、甲府に逃れようとしたそうな。


さて、半蔵門からは、江戸城を離れ、いよいよ下諏訪めがけて歩くことになります。
とりあえずめざすは、最初の宿場町があった新宿です。

(※ この辺りまではまだまだ余裕もあったので、写真もたくさん撮っています・・・)
posted by がね〜しゃ at 09:13| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

甲州街道【日本橋〜内藤新宿@】

DCF_0201.JPG

9月20日(日)朝8時半。快晴の日本橋。

街歩きに目覚めて、かれこれ10年ほどになりました。
普段はまったりと街を眺めながらゆっくり歩いているのですが、ふつふつと「いったい私はどれ位の距離が歩けるのだろう・・・」と思いたったが吉日。
甲州街道を歩いてみることにしました。
もちろん1日で走破できるわけはないので、日にちを分けてマイペースで。
とりあえずは、初回は日本橋から府中までを目標に。


甲州街道は、東京日本橋を起点に、多摩川周辺、甲府を通って信州諏訪
を結ぶ徳川幕府によって整備された五街道の一つです。

気乗りのしない相方を連れ、日本橋からスタートです。

DCF_0202.JPG
■獅子のブロンズ像がお見送り。

DCF_0203.JPG
■高速道路が走っているので、景色はよくない。

DCF_0204.JPG
■橋の真ん中には、竜のブロンズ像がいます。


DCF_0207.JPG

DCF_0209.JPG

日本橋からしばらく歩き、東京駅を超えると、徳川幕府の中心「江戸城」大手門前にぶつかります。
大手門から内堀通りを歩き、皇居外苑を通過。
青い空と緑の芝生がとてもきれいですがすがしい。

DCF_0208.JPG
■堀に白鳥。

DCF_0213.JPG

DCF_0210.JPG
■巽櫓(たつみやぐら)

DCF_0212.JPG
■黄色で目立つはとバスが次から次へと走っていました。東京観光には便利らしい・・・。

内堀通りを走っている人と観光で江戸城に行く人でいっぱいでした。


まだまだ江戸城近辺ですが、マイペースに少しずつ更新していきます。


posted by がね〜しゃ at 01:37| Comment(2) | 甲州街道を歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。